Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

肌のトーンをリフレッシュ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
トーンカーブを使用して全体を調整しつつ、細部が黒つぶれしないように配慮します。
講師:
07:29

字幕

このビデオでは「トーンカーブ」の調整について解説します。Photoshop での作業なんですが「ブラシ」なんかを使って一か所一か所直していく他に様々な全体を一括して直すというそういった処理もありますね。そういった時に便利に使えるのがこの「色調補正」という項目にあるいろいろなコマンドですね。この中からちょっと何か使ってみましょう。では一番上の真ん中にある「トーンカーブ」というやつですねこれを一回クリックするとこれが「トーンカーブ」という調整レイヤーというものが出来ました。これを操作してあげると全体のこの明るさ暗さのトーンを一括して変更できるようになってます。この今の画像ですね大分撮った写真そのままのものがまだ引き継がれているんですけどもっと深みのあるトーンにしたいのでちょっと作業してみようかなと思います。では、一度このコントローラーを閉じてまずはこの合成モードの部分ですねここを「乗算」というのを選びます。すると、なんか照明がちょっと落ちたような感じになってだいぶん雰囲気が変わりましたね。大分色も濃くて深みのあるトーンになりましたけどこれじゃちょっと深みはあるけど暗すぎるのでここを調整していこうと思います。 では、「トーンカーブ」のこのアイコンこれをダブルクリックでコントロールが出てきます。では、この線がありますけどこれがですねちょうど真ん中のところこのグリッドがあってこの真ん中のあたりをクリックします。そうするとこのポイントが一個追加されます。これを動かしてあげると全体のトーンが一括して様々な感じに変化します。ではこれをですねこちらの左のほうに持って行って上位は中央のままですね。丁度ここのグリッドの交差しているあたりの所ここにポイントを持ってきて下さい。そうするとこんな感じの色味になります。ちょっとレイヤーをオンオフしてみるとこんな雰囲気だったのが背景がいいぐらいに落ちてですね引き締まった感じになって肌の部分もかなり深みのある雰囲気になりました。このトーンカーブというのは明るいところから暗い所への流れていくグラデーションの中でその中でどこら辺、どれだけ明るい部分をどのくらいのバランスで出すかどれぐらい暗い部分をどれくらいのバランスで出すかというそういった分量ですね決めてるものなので今こういったカーブになるとこうした明るさ暗さのバランスで出てくるとそんな感じになっています。これですねちょっとこれでもいい感じなんですけどちょっと濃すぎるので全体をこの「不透明度」というところを下げていくと「0」にしてしまうともうなくなります。 このように分量が調整できます。ではこれをですね「40%」ぐらいにしておきましょうかね。「不透明度」を「40%」にするとまったく何もやらないとこれぐらいですけどこんな感じでさすがに「100%」だと後ろが落ちすぎるので全体が軽く引き締まる感じに持っていきます。これで大分いい感じにはなったんですがこれですね、オフの状態で見てみると例えばこのあたりの髪の毛ちゃんと髪の毛が質感がわかると思うんですけどこれをオンにしてしまうとかなり落ち込んでしまって細部が大分つぶれてしまうと。肌のあたりの色とか背景はいいんですけどちょっと細部がつぶれてしまうともったいないのでここだけトーンカーブが適用されないような処理をしてみようと思います。その時に使うのがこの「調整レイヤー」の中にこっち側の四角がありますけどこれが「マスク」です。効果がかかるところかからないところを設定できる「マスク」がここについているのでこっちの四角いところをクリックします。すると、この「レイヤーマスク」というのが選択されるのででは、「描画色」で黒を選んでそしてツールは「ブラシツール」を選びます。そうするとこの状態で書いていくとこのマスクのほうに書かれて黒でマスクのほうに書くとその部分の黒の効果が無くなっていくのでトーンカーブの影響が無くなってつぶれたところ黒くつぶれたところが復活するとそんな感じになっています。 では、これをオンにしたうえでちょっと髪の毛からいってみましょう。髪の毛のところをちょっと暗くなっているところをこすっていくとちょっとずつ変化していきます。これですね、もっと効果をはっきりと出したい時にはこのブラシの不透明度ですねこれを上げれば上げるほど早く効果が出てくるのでこれをですね「30%」ぐらいでやってみましょう。そうすると大分塗っていくと効果がわかりやすくなります。こういったところもですねつぶれてしまっていた髪の毛の質感がどんどん出てくるのかがわかるかなあと思います。こうやって肌の方には「トーンカーブ」の効果を適用したままで折角残っていた髪の毛の質感は出すことが出来るとPhotoshop の作業はですねこんな風にいいところ取りほしいところには適用してその効果がかかってしまってちょっと困るところはマスクなどを使って効果を無くすとそういったフレキシブルな運用が出来るのでもうかなり慣れてくると機能を自分の手足のように使いこなせると本当にどんどんここはこうしたいああしたいというのを明確に出していくことが可能です。こんな感じでしょうかね。大分ですね、つぶれてしまっていた髪の毛の質感も戻ってきました。 トーンカーブ自体、またオフにしてみるとこんな感じで背景も含めたうえで全体の質感がぎゅっとしまりました。そのうえでちゃんと暗いところでも髪の毛は質感を保っているとこのような感じに処理が行えます。大体ですね細部はブラシなどで仕上げたうえで全体のコントロールというのをやるとより引き締まった感じが出しやすいのでまずは「トーンカーブ」これ定番で使うので皆さんも写真のケースに合わせて調整してみてください。

Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

このコースでは肌や髪の毛などの質感の調整からライティングの補正、顔の輪郭の修正までポートレートのレタッチについてのさまざまなノウハウを学ぶことができます。プロやアマチュアのカメラマンだけではなく、Photoshopで人物画像を扱うすべてのユーザーにとってとても役に立つ内容です。

2時間11分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 1,990
発売日:2014年04月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。