Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

顔の輪郭を変形させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ゆがみ」ツールを使って、顔の輪郭をより完全な形に整えます。
講師:
07:02

字幕

このビデオでは、顔の形を変形させて整える手順を御紹介します。さらりと言ってみたものの結構すごいことですけど他の項目ですね、例えば質感を変えたり明るさを変えたりとかいろいろしましたが基本的にこの方のそのままの形ではあるんですがより完ぺきを求めていくとちょっと顔自体の形を直したいとというところまでどうしても行ってしまうのでそういった領域にちょっと入っていこうかなと思います。現在の状態、まあ色ですとか明るさはかなりいい状況になっていますね。この状態というのはこのように、多数のレイヤーによって成り立っています。なので、これですね今バラバラなパーツによってこの状態が出来ているので変形をさせるときには一個の絵にまとめてあげる必要があります。ただこれをですねもう一個のレイヤーに「画像統合」としてしまうともう戻せなくなってしまうのでこの状態を新たなレイヤーとして一枚余分に作ってそれを変形させてみたいと思います。では、この操作を行ってください。まずは「選択範囲」>「すべてを選択」これを実行すると全部が選択されます。そうしたら、今度は「編集」>「結合部分をコピー」というのがあります。これを実行するとですね通常のコピーというのは、この今選ばれているレイヤーの内容しかコピーされないんですがこの「結合部分をコピー」というのをやると今見えているこの状態この一枚絵としての状態がコピーされます。 なので、これで「ペースト」としてみるとここに「レイヤー 2」というのが出来ましたけどこれですね、それ以外のレイヤーを全部オフにしてしまってで、元の絵が一番下にありますけどこの一枚だけオンオフをすると元の絵が出てきますね。ちょっと思い出してください元の写真こんなんだったんですね。これがもうかなり状態が変わっているわけですがついに輪郭までこれから変えようというそれが今の段階ですね。では、またレイヤーを元に戻しておいてこの一枚だけですね独立したレイヤーになった状態を変形させていこうと思います。では、レイヤーの名前ですが「変形」としておきましょう。では、このレイヤーを変形させる方法なんですがフィルターですねあるフィルターを使います。では、今回修正するところなんですがこの方美人なんですけどここのところですねここがもっとシュッとしたラインになるとより美しい感じになるかなということでこの頬から顎にかけてのラインですねここをもう少し直してあげようと思います。では、全体の中ですねこの「選択ツール」これを「長方形選択ツール」にしてこの全体の中から顔の部分だけを入るような形で大体でいいですけどもねこんな感じで選択します。 そしたら、「フィルター」>「ゆがみ」というのを実行します。そうするともう全画面表示でこんな Edit の画面が出てきます。「ゆがみ」というのはですね名前に出ている通り画像を歪ませること歪ませて変形させることのできる機能です。ではですねちょっと試してみましょうか。今これがですね「前方ワープツール」というのが選ばれてます。では、ブラシサイズをちょっとグリットを上げてでは「500」ぐらいにしましょうかね。これを「500」に設定するとちょっと大きめになったのでこれをちょっとまず実験として耳の部分をクリックしてドラッグしてみるとこんな風に変形できるんですね。Mac の方は CommandWindows の方は Ctrl を押しながら Z を押すと戻せます。ちょっといろいろとやってみるとつまんで伸ばすとたんこぶが出来ちゃいましたけどね。こんな感じにかなり強力な感じで変形させることが出来るのがこのツールですね。どこでもぐいっと変形させることが出来ます。ではですね、これ今ブラシサイズは「500」のままでいいですので「筆圧」をそうですね「40」とかにしてこれで今極端な例でしたけどこの一部分をちょっとしたところですねこれを直していこうと思います。 では、こう流れできてここに軽いちょっとした盛りあがりがありますけどこれがちょっとだけ邪魔かなという感じですね。なので、この部分をちょうど今これブラシサイズが「500」だとこの膨らんでいる部分に入る感じなのでこの部分をクリックしつつ微妙にそちらに持っていくとこんな形でこっちの方もですねちょっと上をほんの少しだけで結構です本当に微妙な感じで ずらしてあげてこっちをひっこめた分をこっちがちょっと引っ込み過ぎなのでここの頬骨のあたりをちょっとだけ出してあげます。そうすると大分この頬から顎にかけてのラインがすっきりしたと思うんですがこれで OK をクリックします。ではですねこれが今こんな状態になってますけどこれを表示オフにすると下には加工前の状態が出てきます。ここのところを見てください。これがオンですね、これ加工前こんな感じに微妙にですけどちょっとだけここのラインが変わっただけでより顔がシャープに見えますね。こうした要領であまり大きく動かしてしまうと変になりますけどこうした微調整、ちょっとした輪郭の変化は今の「ゆがみツール」を使うと簡単に修正することが出来ます。

Photoshopでポートレート写真をレタッチ!

このコースでは肌や髪の毛などの質感の調整からライティングの補正、顔の輪郭の修正までポートレートのレタッチについてのさまざまなノウハウを学ぶことができます。プロやアマチュアのカメラマンだけではなく、Photoshopで人物画像を扱うすべてのユーザーにとってとても役に立つ内容です。

2時間11分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
レタッチ
価格: 1,990
発売日:2014年04月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。