カメラマンのためのPhotoshop「光と影」講座

陰影で距離感を演出する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシで明るい部分、暗い部分の変化を描き、風景に遠近感を出します。
講師:
11:52

字幕

このビデオでは陰影、光と陰で写真の距離感を強調するノウハウをご紹介します。ではまずassets を開きましょう。「ファイル」>「開く...」を実行してlighteffct.jpgというのがあるのでこれを開きます。そうするとこんな風景が出てきますね。遠くに山並みが見えて、草原がっ広がって羊飼いがいる感じとてもいい写真なんですけどいい写真ではあるんですけど結構全体がクッキリ映ってるだけにちょっとですねもちろん奥行き感はあるんですけどもう少し奥行き感があるといいかなという気もしますね。なので、これをPhotoshop を使ってもっとですね奥行きを出してみようと思います。今回ですね、もっと奥行きを出す為に部分的に明るくしたり、暗くしたりと光の雰囲気を作っていって出していこうと思うんですけどその時に使うのが「ブラシツール」ですね。「ブラシツール」をうまく使って光の部分や影の部分を変えてあげて陰影を出していこうと、距離感を出していこうというのが今回のテーマです。この作業をやるにあたってなんですがブラシですね、ここで選んでこういったところでオプションを選んだり大きさを選んだりできるんですけどよりですねブラシを中心とした作業の場合には今、「写真」というワークスペース画面の構成でやってますけどこれを「ペイント」という風にしてもいいかなと思います。 「ペイント」にしてみるとこんな画面になってもうブラシがですね、相当全面に出された感じで出てきます。このブラシの種類ですねこれは表示が色々あってこうなってる方もいるかもしれませんしこの部分で、例えば「テキスト表示」とすると名前で出てきたりですねあと「ストローク」とやるとこの書いた、ブラシで書いた結果がどうなるかなという所で見る事ができます。こうしてみるともうかなり色んな種類がありますね。更にですねこの「オプション」のボタンを押すと今回はあんまり深い事はやりませんけど本当に細かいところですねコントロールして自分の好きな様にブラシをコントロールすることもできます。こうしたですねブラシの作業でのこのブラシの選択を変えると非常に結果も変わってくるので今回は手順を覚えた上でブラシの選択を変えて同じパターンをやってみるのもいいかなと思います。今回はこのシンプルな一番上のこれですね基本的な、外側に向けてぼけているこのブラシを使います。それではですねこのブラシを選んでブラシサイズですねこれが大体、そうですね「150」ぐらいにしておきましょうかね。ではこの状態で作業を開始します。ではですねこの写真の中なんですけどまず、この遠くの方にちょっと明るい光のもやっとしたとこを足して遠くの感じを出してこの朝もやに輝いてる様なですねこういった部分をこの道路の辺りですね、地平線の辺りこうしたところにも適用してあげて遠い感じを出すとこの草原もずっと同じぐらいの光の当たり方をしてるのでこの手前のところですねちょっと暗くしてあげて、立体感を出す真ん中の辺りはもうちょい鮮やかにしてあげるとそんな感じの作業をやってみたいと思います。 それでは作業なんですけどこの元の写真のレイヤーには直接適用せずに新しいレイヤーに作業を行います。では、新規のレイヤーを作成してこれに対して「編集」>「塗りつぶし...」から「50% グレー」これを適用します。そしたら、この合成モードですねこれを「ソフトライト」にして下さい。そうすると見た目がわかんなくなりますね。ではですね、「描画色」これを白にしてあげてそしたらですね「不透明度:20%」で行いましょう。ではこの状態でブラシサイズですね大体150ぐらいでやりましょうね。まずどこをやるかというとこの部分ですね。この遠くの地平線の部分ですね。地平線になりそうなこの部分ですけどここをですねこの設定でちょっとずつ横方向にさっさっさっと塗ってあげます。あんまり濃くなり過ぎない様にですね。ここにこの木が見えてるのでこのさらに奥のとこちょっとだけ地面が見えてますよね。この辺を中心にやる感じでやるとうまくいきます。この手前の木は塗っちゃわない様なイメージですね。そうするとこれ、割とこっち方面にクッキリとここの線が出ちゃってる感じなんですけどなだらかにこの白いもやっとした霧みたいな靄みたいな感じで山並みの方に繋がっていくのでこうしてあげるとですねいい具合になんか更にここの部分が遠くに見えてくるんですね。 どっちかと言えば、こっちの方が明るいのでこっちの方が白は濃い目にこっちの方は薄めですね。この辺は軽く、やり過ぎるとこの木が矛盾してしまうので、軽い感じで塗ってあげます。更にて前な感じですよね。こんな雰囲気にしてあげて変えてあげるとこんな感じですけどこれを ON/OFF してみるとどうでしょう。こんなちょっとの加工なんですけど結構効果は大きいですよね。こんな感じで、こっちの方ですね靄が光ってるような感じで非常に遠くが更に遠くに見えていく様な雰囲気が出てきました。ではですね、同じ要領で今度は手前の方をやってみ見ようと思います。ちょうどですねこの草むらですね、草原のとここれは轍みたいにちょっとボコッとなってるのでちょうどいいんでこっちから、今度は手前の方をちょっと暗めの感じにしてみようと思いますそれではですねまた新規レイヤーを使ってこれ作成したらですね今度は、またこれを「塗りつぶし」の「50% グレー」、これは一緒ですね。そして、先はこの合成モードを「ソフトライト」にしたんですけど今回は「オーバーレイ」にしてみて下さい。やっぱこの状態だとわからないですね。そして、今度はこの「描画色」を黒にしましょう。 黒にした上でブラシをもうちょい大きくしましょうかね。倍ぐらいの「300」にしてみましょう。そうするとこんな感じですね。では、今度は、この轍っぽいところちょっと波になってるとこですねこの手前のところをですねこのオーバーレイで塗ってあげます。これもクッキリ塗っちゃわないでちょっとずつですね。そうするとなんかいい具合に影が付いてこんな感じの雰囲気になります。これも極端に変わらない段々グラデーションで変わる感じですね。こんな雰囲気に塗ってみるとどうでしょう。これも ON/OFFしてみると何もないとなんかすぐ近くだなという感じですよね。ずっと同じ様な色の草原が続いちゃうんですけどこれが入ることでなんかいい具合に陰影が出てもうて前から奥へと変化が出てるという感じですね。これを両方消してみると最初はこれです。単にレイヤー二枚作って、ちょっとブラシで塗っただけで、こんなに違います。面白いですね。これで完成でもいいんですけど仕上げにですね、ちょっとこの真ん中の辺りこっちもちょっと雰囲気を変えてみましょう。やっぱりメインとなるのはこの羊の群れの辺りなのでまた、今度は新規レイヤーを作ってあげます。そしたら、お決まりの「塗りつぶし」、「50% グレー」これを実行します。 そしたら、今度はまた合成モードなんですけどこれをですね、今度は「ビビッドライト」というヤツにしてあげて下さい。この「50% グレー」だと大体のモードで何も影響がないですね。そしたらですね今度は描画の色なんですけどまずですねこの色相の方で、黄色っぽいとこですねこんな感じの黄色のとこに持っていきます。そして、一番上の方であまりどぎつい黄色になっちゃわないぐらいでこのクリーム色ぐらいですねこんな感じの色です。大体目分量でいいので、こんな感じの色のところに合わせてあげて、OK します。そしたら今度はですねこの羊の群れのところ辺りがちょっともやっとしてますよね。この辺に合わせる形でこの「ビビッドライト」で塗ってあげるとあまり濃くなり過ぎない様にですねちょっと濃くなり過ぎたらCommand + ZMac の方は CommandWindows の方はControl を押しながら Z を押すとUndo で戻すことができます。一気に行っちゃうと怖いのでちょっと「不透明度」を下げましょうね。これを「5%」ぐらいでちょっとずつやっていきましょう。結構効果が強いのでこんな感じにするとちょっとですね、このビビッドライトってのを当てると、鮮やかさが増すんですよね。 なので、このメインの羊の辺りがこの牧童の辺りもですね羊飼いの辺りもこんな感じで、ちょっと印象的に光った様な感じになりました。これを ON/OFF してみるとちょっと微妙に暗かったところがもうふぃっと明るくなりましたね。これで、これですね今効果を加えた三つのレイヤーがあるのでこれを例えば一番上を選んだ状態で、今度はShift を押しながら一番下をお選んでそしてこっちのメニューから「レイヤーからの新規グループ...」というヤツですね、これを実行してあげると一個にまとめるグループにまとめることができるのでこれで一気にON/OFF できます。使用前はこれです。これもいい写真なんですけどブラシでほんのレイヤー三枚にちょびっと書いただけで、こんなのになりました。もう神秘的ですよね。こんな感じで写真ですねどうしても全体がなんとなく平均に映るとちょっとつまんない印象もあるのでこんな感じで、より暗いところ、もやっと明るいところ、そして鮮やかなところと塗り分けてあげるとより印象的な写真を作ることができます。

カメラマンのためのPhotoshop「光と影」講座

デジタル画像は明るさと色の情報の組み合わせによって成り立っています。Photoshopを使えば、撮影したあとでも写真にさまざまな陰影をつけたり消したりすることが可能です。このコースでは、さまざまなシチュエーションの写真を使いながら今すぐ使える光と影のコントロールテクニックをたくさん学ぶことができます。

1時間56分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 1,990
発売日:2014年01月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。