Canvasを使うためのJavaScript入門

変数を使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
変数は値をメモリして、使い回すことができます。変数の宣言とその名前のつけ方、および使い方についてご説明します。
講師:
06:51

字幕

またもう1つ新しいメソッドをご紹介し 変数 という機能についてご説明したいと思います 新たなメソッドを html ドキュメントの script 要素に書き加えます 新しいメソッドの名前は alert です そして document.write と同じ 「このテキストが表示される」という 文字を引数として渡します この alert メソッドがどういう機能なのか 確認してみたほうが速いでしょう それでは一回ファイルを保存して 「ファイル」メニューから 「ブラウザでプレビュー」をします ブラウザで警告のダイアログが開きました alert メソッドというのは このように警告のダイアログを開きます そして括弧の中に渡した引数の 「このテキストが表示される」という文字が 警告のダイアログに表示されています OK を押すと このダイアログが閉じます 警告のダイアログというのは あまりしょっちゅうコンテンツで 開いてほしくないですね ですから この alert メソッドは 最終的なコンテンツで使うというよりも JavaScript を書いている最中に 確認のためにプログラマーが 利用することが多いでしょう script 要素の中の JavaScript の記述を もう1度見てみましょう この2行の命令文 命令文のことを statement とも言います その中で「このテキストが表示される」 という文字 文字列というプログラミングの 言い方なんですが 同じ文字列が2か所で使われています もし本当にこの2つが 常に同じでありたいと思った場合に もし変更が入ったら 2か所変更しなければいけません 1か所変更すると その変更が反映されると便利です そのような場合には この値をメモリする 変数という機能を使います 変数には2つの書き方があります まず1つ目が基本の書き方で キーワード var でスタートします そして変数名として これはお好きな名前が付けられます 但しルールがありますので それについては後でご紹介します これで この名前の変数 というものを作ります 更にその変数は先程言いました通り メモリですので値を入れることができます 後から値を入れても構いませんが 変数を宣言と言いますけれど var というキーワードで 変数を作るとともに値を入れたい時には その後に「= 」で 値をその後に記述します 早速変数を使ってみます script 要素に var 宣言 キーワードでスタートし 名前は MyText としました そして値を入れてしまいましょう 値は先ほど言いました通り 引数の文字列になります そして変数の使い方です この中に この変数にメモリされた 文字列を使いたい場合には この変数をそのまま文字列の代わりに 入れてしまうことが出来ます そうすると この変数に入っている値 具体的には「このテキストが表示される」 という文字 このテキストを取り出して document.write メソッドに 渡されます ですから同じように こちらも消してしまって構いません 代わりに変数を入れます 結果を一応確認しましょう 「ファイル」メニューから 「ブラウザでプレビュー」です もちろん変数を使ったからと言って 処理の内容は変わっていませんから 先程と同じように警告の ダイアログが表示されて OK ボタンを押せば閉じます 但し この値 文字列が変数に入っていますから この「テキスト」という文字 英語に変えてみましょう 一か所変えただけです では確認してみます 「ファイル」メニューから 「ブラウザでプレビュー」です 警告ダイアログの文字の表示が 英語の text に変わりました OK ボタンをクリックしましょう すると更にドキュメントの中の document.write メソッドで書いた― 文字列のほうも テキストが英語になっています このように変数の値 一か所を変えれば その変数を使ったメソッド 2つの引数の 値が変わってしまうということです 変数名の付け方について 確認しておきましょう 4つのルールがあります まず第一に使う文字は 半角の英数字 あるいは記号としては 「_」または「$」記号しか使えません 2番目に最初の文字は 数字は使えません 3番目として英文字を使う場合には 大文字か小文字かをきちんと区別して下さい そして最後4番目は JavaScript で使われているような 特別なキーワード 予約語と言いますけれど これは使うことができません 識別子というのは 変数以外にも関数であるとか プログラムで使うあるゆるものに 付けられる名前です そして先ほど識別子には半角英数字を 使うように と申し上げました では全角の日本語は絶対に使えないか というと実は 最近の JavaScript の仕様では Unicode 文字が使えます つまり 漢字や平仮名も 使おうと思えば使うことができます けれどもあえて識別子に 日本語を用いる利点は見当たりません 例えば日本人にしかわからない ということ以外に 先程変数に値を入れる時の記号 = これをうっかり全角で打ってしまうと script が正しく動きません ですから やはり識別子には 半角の英数字 そして「_」「$」に 留めた方が良いでしょう 今回学習したのは alert メソッドと var キーワードを使った変数宣言 そして その変数の使い方でした

Canvasを使うためのJavaScript入門

このコースでは幅広いJavaScriptの技術の中からCanvasを使うときに知っておかなければならない基本を手短に解説します。変数や関数といったプログラミングの基礎を学ぶところから、実際にCanvasへ簡単な描画を行うまでを説明します。

1時間25分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。