近日中に弊社のプライバシーポリシーが更新されます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visual Basic 入門

開発環境の準備

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、統合開発環境であるVisual Studioのインストール、初期設定、および日本語化の方法について説明します。
06:15

字幕

このレッスンでは、統合開発環境であるVisual Studio のインストール・初期設定および日本語化の方法について説明します。Visual Studio をインストールするには、まず Web ブラウザを起動しアドレスバーにhttp://aka.ms/vs と入力し、リンク先へ移動します。するとこのようなページが表示されます。このページのダウンロードボタンをクリックします。さらに Visual Studio Community の無料ダウンロードボタンをクリックします。すると Visual Studio Community のインストーラーがダウンロードされます。インストーラーがダウンロードされたら実行ボタンをクリックします。Visual Studio Community 2015 のインストーラーが起動すると、このような画面となります。コンソールアプリケーションやデスクトップアプリケーションだけを作る場合であれば、このままデフォルトで Install をクリックします。すると Visual Studio Community 2015 のインストールが始まります。この画面のように、Setup Completed という表示が出ればVisual Studio のインストールは完了しました。 最後に画面の下にある Restart Now ボタンをクリックします。このボタンをクリックすると、PC が再起動されることに注意して下さい。再起動が完了したら、Visual Studio を起動してみましょう。Visual Studio を起動するには、スタートメニューからVisual Studio を選択します。初めて Visual Studio が起動すると、このような画面が表示されます。この画面では Microsoft アカウントを利用してVisual Studio にログインすることができます。Visual Studio に Microsoft アカウントをひもづけると、他の端末でも同じ Visual Studio の設定を利用できるようになります。では実際に Miscrosoft アカウントでVisual Studio にサインインしてみましょう。サインインをするには、下の Sign in ボタンをクリックします。するとメールアドレスを入力する画面が表示されますので、メールアドレスを入力します。さらにその先の画面では、パスワードを入力する画面が表示されます。この画面にパスワードを入力しましょう。 入力が完了すると、このような画面が表示されます。この画面では Visual Studio の初期設定を行なっています。初期設定が終わると、Visual Studio のホーム画面が表示されます。これで Visual Studio が使えるようになりました。では続けて Visual Studio の日本語化を行なっていきましょう。Visual Studio を日本語化するにはまず Tools メニューのOptions ボタンをクリックします。次に Environment グループの中のInternational Settings をクリックしこの中にある Get Additional Languages ボタンをクリックします。すると Web ブラウザが表示され、Visual Studio 2015 Language Pack がダウンロードできるようになります。この中の Select Language コンボボックスから Japanese を選択しましょう。すると日本語の言語パックがダウンロードできるようになります。最後にダウンロードボタンをクリックすると、言語パックのダウンロードが始まります。 ダウンロードが完了したら実行しましょう。実行すると Visual Studio のセットアップ ダイアログが表示されます。セットアップダイアログにこのような警告が表示されている場合は、先にを Visual Studio を閉じる必要があります。まず Visual Studio を閉じて再試行(R)ボタンをクリックしましょう。正常にセットアップダイアログが表示されるとこのような画面となります。言語パックをインストールするには、右下のインストール(N)ボタンをクリックしましょう。すると Visual Studio 2015 の言語パックのインストールが始まります。セットアップが完了すると、このような画面となります。閉じる(C)ボタンをクリックしましょう。さらに Visual Studio を起動してみましょう。Visual Studio を起動した後、再度 Tools メニューのOptions ボタンをクリックしましょう。Option ダイアログの中のEnvironment タブ、International Settings の順にクリックし、Language コンボボックスの中から、日本語を選択します。 その後 OK をクリックしましょう。するとこのような警告が表示されますので、OK をクリックしましょう。最後に Visual Studio を終了し、もう一度起動してみましょう。すると Visual Studio Comunity 2015 が日本語となって起動しました。このレッスンでは、統合開発環境であるVisual Studio のインストール、初期設定および日本語化の方法について説明しました。

Visual Basic 入門

Visual Basicはプログラミング初心者にも比較的親しみやすい構文を採用したプログラミング言語です。従来のデスクトップアプリから最新フレームワークを用いたアプリまで、簡単に幅広く開発できます。このコースでは基本的な文法やクラス・名前空間などのより高度な機能、LINQなどVisual Basicを使ううえで必要な知識をひと通り学びます。

2時間53分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
Visual Basic Visual Basic 2015
プラン加入者限定
発売日:2017年01月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。