Visual Basic 入門

Visual Basicの型

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、Visual Basicの基本的な型とその種類について説明します。
05:16

字幕

このレッスンでは、Visual Basic の基本的な型とその種類について説明します。Visual Basic の型は値型と参照型、そして基本データ型と複合データ型にそれぞれ分類されます。まず値型と参照型について見ていきましょう。値型に分類される型では、代入時にその値のコピーが保持されます。例えば a に 10,0、b に 20,0 という値が入っていた場合c = a とした時に、a の 10,0 という値がコピーされて c に代入されます。また変更が行なわれた時は、値が直接変更されます。例えば c の1番目の要素 10 に対して、5 を代入した場合c は 5,0 のように変更されます。代入した際に用いた a の値は変更されません。次に参照型について見ていきましょう。参照型は代入時に参照情報のコピーが保持されます。例えば a が 10,0 という値を指していて、b が 20,0 という値を指している場合c = a とした時に、c も a と同じ10,0 を指すようになります。しかし a の中身を確認した際も、c の中身を確認した際もどちらも 10,0 と表示されます。では変更はどのように行なわれるでしょうか。 例えば c の1番最初の要素 10 に対して5 を代入した場合、c の指している参照先の値が変更されるため5,0 となりますがこの影響は同じ所を指しているa に対しても影響が与えられます。これが値型と参照型の違いです。ではそれぞれのメリット、デメリットは何でしょう。値型のメリットとしては、代入によって値がコピーされるため値の読み書きが参照型より高速という点が挙げられます。しかし同時にデメリットとして、代入時に値のコピーが行なわれるため代入が低速になるというデメリットがあります。参照型のメリットとしては、代入時に参照情報のコピーのみが行なわれるため代入が比較的高速という点が挙げられます。同時にデメリットとしては、値の読み書きが参照情報を経由した後に行なわれるため比較的低速であるという点が挙げられます。では続いて基本データ型と複合データ型について見ていきましょう。基本データ型は Visual Basic がデフォルトで持つ型です。型ごとにリテラルと呼ばれるものが存在しています。対して複合データ型はライブラリやユーザーが定義した型です。複合データ型は基本データ型や複合データ型を複数組み合わせて作成することができます。 では基本データ型について詳しく見ていきましょう。基本データ型は数値データ型、文字データ型その他のデータ型のように分類することができます。ここで赤字は参照型を指しています。はじめに数値データ型について見ていきましょう。この表は数値データ型に含まれる型の情報を示しています。整数型に分類される型は、整数を格納することができる型です。符号あり・なしはマイナスの値を格納できるかどうか示しています。またビット数は表現できる値の範囲を示しています。例えば 8 ビットの Byteであれば、0 から 255 まで。32 ビットの場合であれば UInteger では0 から 43 億。さらに 64 ビットの ULong ではより多くの数を取ることができます。このビット数は用途に合わせて使い分けることができます。実数型は正負の小数を取ることができる型を示しています。またデシマル型は十進数の誤差が許されない小数計算に適した型となっています。これらの要件に合わせて、型を使い分けましょう。では次に文字データ型について説明します。Char 型では 1 文字の Unicode 文字を取りうることができる型です。String 型は 0 文字以上の Unicode 文字列を取り得ることができる型です。 続いてその他のデータ型について説明します。Boolean 型は2値を取ることができる型です。Boolean には True か False の2値しか取ることができません。この Boolean 型は条件分岐などの際には必須となる型ですのでよく覚えておきましょう。そして Date 型は日付を扱うことができる型、Object 型は全ての型を格納できる型として使うことができます。このレッスンでは、Visual Basic の基本的な型とその種類について説明しました。

Visual Basic 入門

Visual Basicはプログラミング初心者にも比較的親しみやすい構文を採用したプログラミング言語です。従来のデスクトップアプリから最新フレームワークを用いたアプリまで、簡単に幅広く開発できます。このコースでは基本的な文法やクラス・名前空間などのより高度な機能、LINQなどVisual Basicを使ううえで必要な知識をひと通り学びます。

2時間53分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
Visual Basic Visual Basic 2015
プラン加入者限定
発売日:2017年01月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。