近日中に弊社のプライバシーポリシーが更新されます。詳しくはこちらをご覧ください。

Visual Basic 入門

配列を使う

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、同じ型を持つ値をまとまりとして扱うことができる配列を扱う方法について説明します。
03:08

字幕

このレッスンでは、同じ型を持つ値をまとまりとして扱うことのできる、配列について説明します。Visual Basic で配列を宣言するには、Dim 変数名(最大インデックス値)As 型のように記述します。この 6 という数字が入る箇所には通常、他の言語であれば要素サイズを書き入れる箇所ですがVisual Basic では最大インデックスの値を指定する事に注意しましょう。配列の要素にアクセスするには、変数名(要素インデックス値)= 値のように記述できます。この要素インデックスには、先程 6 を指定しましたので0, 1, 2, 3, 4, 5, 6 まで記述できることに注意しましょう。また配列の宣言と同時に、代入を行なうこともできます。その場合、宣言の後に続けて = [ ]値をカンマ区切りで記述していきます。またこの時、代入によって配列の最大インデックスの値が決まりますのでこの宣言の部分の最大インデックス値を削除します。同様のことをDim 変数名 As 型 ( ) = [ ]要素の値をカンマ切りで記述することでも表現可能です。さらに変数に対しても型推論を使うことができます。型推論を使うとDim 変数名 = New 型 ( ) [ ]要素の値をカンマ区切りで記述します。 要素の値によって型自体もまとまりますので、この New Integer () の部分に関しても削除できます。型推論を使うことで、ここまで簡単に配列を宣言することができました。では次に最大インデックスの値を動的に決定することができる、動的配列と呼ばれるものを作成していきましょう。動的配列を宣言するには、Dim 変数名 ( ) As 型のように記述するか、Dim 変数名 As 型 ( ) のように記述します。動的配列を使用する前にサイズを決定することが必要です。サイズを決定するには、RiDim Preserve 変数名(最大インデックス値)を指定します。またこの RiDim Preserve の文は、配列の要素に対して値を代入した後でも再度実行することが可能です。この場合、この Preserve の部分を忘れると元々配列の中にあった要素を忘却してしまうことに注意しましょう。このレッスンでは、同じ型を持つ値をまとまりとして扱うことができる、配列について学びました。

Visual Basic 入門

Visual Basicはプログラミング初心者にも比較的親しみやすい構文を採用したプログラミング言語です。従来のデスクトップアプリから最新フレームワークを用いたアプリまで、簡単に幅広く開発できます。このコースでは基本的な文法やクラス・名前空間などのより高度な機能、LINQなどVisual Basicを使ううえで必要な知識をひと通り学びます。

2時間53分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
Visual Basic Visual Basic 2015
プラン加入者限定
発売日:2017年01月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。