Visual Basic 入門

インターフェイスとは

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
このレッスンでは、クラスを実装するうえで非常に重要となるインターフェイスについて説明します。
02:38

字幕

このレッスンでは、クラスを実装する上で非常に重要となるインターフェースについて説明します。インターフェースと抽象メソッドは、似ているようで全く異なります。どのようなメソッドを持ち、どのようにふるまうか、というクラスの使用部分のみを記述するようにしたのがインターフェースです。インターフェースは継承と違って、一切実装を持つことができませんしインターフェースを実装するクラス側では継承関係にしばられる必要がありません。では実際にインターフェースの定義を行なってみましょう。インターフェースの定義を行なうには、Sub Main の外側でInterface, Interface 名そして End Interface のような宣言を行ないます。この Interface から End Interface の間にこの Interface を実装した際に必要なメソッド、プロパティ、そしてイベントを記述していきます。実際にこの IPerson という Interface を実装するクラスではFunction GetName As String というメソッドを必ず持たなければならない、というふうに定義をしてみましょう。 なお Interface の名前の先頭には基本的には I を付けることが推奨されています。Interface を実装したクラスを定義するには、まず通常通りクラスの定義を行なった後、クラスの定義文の次の行に、Implements Interface 名のように入力します。ここでは IPerson Interface を実装しますので、Implements IPerson のように記述すると、このように GetName As String という文が生成されました。この関数の定義の後に来るImplements の箇所は、IPerson Interface の GetName メソッドを実装しているという事を示しています。このようにインターフェースを定義することでこのインタフェースを実装したクラスに対して、メソッド、プロパティ、イベントの仕様を決定することができます。またインターフェース自体にも継承があります。インターフェースの継承を行なうには、Interface Interface 名の後に続けて、Inherits Interface 名のように記述していきます。このようにすることで、仕様自体の継承を行なうことが可能です。 このレッスンでは、クラスを実装する上で非常に重要となるインターフェースについて説明しました。

Visual Basic 入門

Visual Basicはプログラミング初心者にも比較的親しみやすい構文を採用したプログラミング言語です。従来のデスクトップアプリから最新フレームワークを用いたアプリまで、簡単に幅広く開発できます。このコースでは基本的な文法やクラス・名前空間などのより高度な機能、LINQなどVisual Basicを使ううえで必要な知識をひと通り学びます。

2時間53分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
Visual Basic Visual Basic 2015
プラン加入者限定
発売日:2017年01月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。