Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

コントラストを補正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真のコントラスト調整のコツを解説します。
講師:
05:18

字幕

このビデオは、 写真のコントラスト調整について解説します。 それでは、アセットを開きましょう。 「ファイル」>「開く」で、 contrast1 、 2 、 3 と、 3つのファイルがあるので、 これを Command または Ctrl を押しながらクリックして、 3つ選んで、いっぺんに開きましょう。 ではまず、この contrast1.jpg というのを 見てみましょう。 非常に何か、もやっとした、 うっすらと陸が見える水辺の写真ですね。 こういったものですか、こういった写真は 一般的にコントラストが低い、 メリハリが低い写真と言えますね。 こういうものはですね、 これで良い場合もあるんですけど、 もう少し、何が写っているか はっきりさせたいという場合には、 操作でコントラストを上げてやる という操作が必要になってきます。 その中でいろいろ使うことができるんですが、 今回、使ってみるのは、これ。 「トーンカーブ」というのがあるので、 これをかけてみましょう。 そうすると、こんなのが出てきましたね。 トーンカーブは真ん中あたりを処理すると、 明るくしたり暗くしたりとか、 できるんですけど、 そこに出ているのが、 このヒストグラムというグラフが出ています。 これは全部でですね、 右が明るい方、下が暗い方で、 明るい所から暗い所までで、 どこら辺に情報が集まっているか というグラフになります。 なので、これでいくと、 この明るいこの辺が情報が多くて、 逆に、暗いこの辺が 全然情報が無いという感じになります。 そして、コントラストを上げる時の コツなんですけど、 1個、簡単な方法として、 これの全体を見た上で、 この情報量が多い所のカーブを ちょっと持ち上げてあげて、 逆に情報が無い所は、 このカーブを下の所に下げてあげる。 そんなふうにすると、 コントラストが出てきます。 例えば、これでいくと、 この辺はもう、全く無いですよね。 無い辺りは、こんな感じで、絞ってあげます。 そして逆に、この情報が多い辺り、 この辺を、この様なかたちで、 ちょっと持ち上げてやる。 例えば、こんなことをすると、 さっき、これ、オフでしたね。 こんな感じでしたけど、これをオンにすると、 適度にコントラストも出て、 色も良い感じに出て、 なかなか新鮮な印象になったと思います。 しかも、単純に明るくしたみたいに、 この辺が潰れてしまわない。 ちゃんと情報量の多い所を持ち上げて、 無い所を下げているので、 バランスの良い画像になっています。 こんな要領で、 他のヤツも見てみましょうかね。 では、 contrast2.jpg 今度は氷山のような感じですけど、 これもまた、トーンカーブを適用してみます。 そうすると今度は、 この辺に思いきりグイッと集まって、 それより上の所とか、下の所は 情報が少ない所なので、 例えば、この辺ですね、 この辺を、クイっと持ち上げて、 逆に、それより高い所は ちょっと落とします。 そして更に、こう来て、 ここら辺、情報が無くなってくるので、 一番下の方、これを下げてあげます。 こんなカーブにすると、どうでしょう? 何にもない時は、 全体にちょっと眠たい感じだったのが、 オンにすると、 なかなかコントラストが付いて、 パッチリとした感じになりました。 しかも、 白い部分も完全に飛んでしまうことなく、 ちゃんと情報が残ってますね。 うまい具合に情報の多い所だけを拡張して、 無い所を下げて調整したので、 非常に目を見張るほど 洗練された感じになったけど、 白とびもしていないという状態を 作ることが出来ました。 じゃあ、今度は3つ目です。 これも同じように 「トーンカーブ」を適用して みると、 今度は、この暗い所ですね。 おそらくこれです。 手前の茂みとかに、情報が集まっています。 逆に明るい所がそんなに無い感じですね。 では、この暗い所ですね。 ここら辺を持ち上げたら どうなるかというと、 こんな感じで、 真っ黒になってしまっていた所に、 ちゃんと、森とか木々が 見えるようになりました。 そして逆に、 この辺に情報があまり無いので、 この辺は下げてやります。 そうすると、この辺にあった時には、 氷が、ちょっと飛んでしまってましたけど、 これぐらいに持ってくると、 氷も飛んでしまわずに、ちゃんと残ってます。 こんな感じで、真っ黒だった所が、 ちゃんと ... 奥の配置もそうですけど、 ... ちゃんとディテールが 見えるようになって、 しかも、氷の方はちゃんと残っている。 こんな状態を作ることができました。 この様に「トーンカーブ」のグラフ、 これの見方を、 情報量がどこに集まっているのかを 基準にして操作してあげると、 うまい具合に写真のコントラストを、 より綺麗な感じに 修正することが可能となっています。

Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

撮影後にPhotoshopで明るい部分と暗い部分を調整したり、ときにはちょっとした演出を加えることであなたの風景写真は何倍も魅力的になります。このコースではPhotoshopを使ったさまざまな風景写真の修正テクニックを紹介します。マスクやブラシなどを用いながら、より実践的な写真の直し方をマスターしましょう!

1時間36分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。