Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

空を入れ替える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
晴天で今ひとつ面白味に欠ける写真の空を、印象的なものに差し替えます。
講師:
08:04

字幕

このビデオでは写真の中の空を 入れ替える手順を実践してみましょう。 早速アセットを開きます。 「ファイル」>「開く」で skychange1.jpg を開きます。 そうすると道路と山と空ですね。 こんな写真になっています。 写真なんですけど 遊びに出たりする時には 雲一つない晴天、快晴というのは 気持ちいいですよね。 だけど写真的に見ると ちょっとつまらないかなという 所もあるんですね。 空がただのツルンとした グラデーションになってしまうので 多少雲があったりした方が よりいっぱい質感が出て 写真としては面白くなったりします。 なので、このツルンとした気持ちの良い 快晴の空を取り去ってしまって 他の空をもってこようというのが 今回のテーマです。 まずこの空を選択します。 選択する時、まず使ってみるのが 自動選択ツールですね。 1回拡大してみると 山のこの境界の部分ですが かなり凸凹して複雑なので これをブラシで擦ったり ブラシで描いていったりとか そういった選択範囲というのは大変なので こういったところは自動で 作ってみようと思います。 では、この自動選択ツールで 山の境界に近い辺りを クリックしてみましょう。 するとこんな感じになりました。 明るさの違う所は選ばれないので Shift キーを押しながら もう1回この辺りをクリックすると 追加して選ばれましたね。 このレンズフレアの出ている所も クリックしてあげると 追加して選択できます。 こんな形でとりあえず山との境界線が 全部つながればOKです。 こんな感じで とりあえずここの部分は 境界ができたんですけど あとの部分、例えばこの太陽の部分とか 細かいフレアの部分とか あとは上の方ですね。 これをいちいち自動選択でやるのも 面倒臭いので 残りは違う方法でやってみましょう。 この状態でこのクィックマスクを オンにします。 するとさっきの選択範囲の所が 今度はクィックマスク、 この色で選択されました。 そしたらブラシを持って 不透明度100%にした上で あとブラシはこのグラデーションが あまりないものにしましょう。 こんな感じの割とグラデーションが ないものを選んで 残りの部分を塗ってしまいましょう。 こんな感じで塗っていくと かなり短時間で レンズフレアの所なども これは塗りつぶしでいいので 一括して塗ってしまいます。 これで空が全部選択できました。 この状態で こちらのタブを開いて アルファチャンネルを選んだ状態で これをクリックして選択範囲にします。 クィックマスクモードはもうオフにして これで綺麗な選択範囲にできましたね。 ここのレイヤーマスクを追加です。 これをクリックします。 すると、さっき選択した部分だけが マスクになったんですけど 逆で空だけが残って 地面が無くなってしまい テーマと反対なので こういった時には マスクをダブルクリックします。 するとマスクのオプションが出てくるので この「反転」をクリックすると このように反転して 空の部分が透明で 道路だけ山だけが出ている 状態ができました。 ここに違う背景を持ってきます。 「ファイル」>「開く」> skychange2.jpg を開いてください。 今度はこれは空だけですね。 海岸の所の写真ですけど この空をさっきのこっちに 移植しようと思います。 画像から画像にレイヤーをもってくる 簡単な方法として この移動ツールを選んだ上で この画像のタブの所をドラッグすると 切り離されます。 引き離されて適当な所で放すと 独立したウィンドウになります。 この画像の上のどこでもいいので クリックしたままにしながら こっちのもう1個の画像の方に ドラッグ&ドロップすると このようにこちらの方に 絵を持ってくることができます。 このレイヤーの順番を入れ替えましょう。 こんな感じにして 入れ替えることができました。 ポイントとして こっちの元々の絵の方ですが ここにレンズフレアが出ています。 これでもし例えば 雲の中からレンズフレアができたりすると 不自然なんですね。 なのでフレアが出ていても 違和感が無いように このレンズフレアの伸びてる 向こうの所に太陽があると こんな感じにしておくと この明るい所からレンズフレアが出ていて 違和感がないですよね。 こういった所も気を配ると いいかなと思います。 これでもう出来たような気もするんですけど 拡大してみると 100%にしてみましょう。 山がいくらなんでも はっきりし過ぎてるんじゃないかと いう感じがします。周りの雰囲気に比べて。 なので、これを馴染ませてあげましょう。 このレイヤーマスクをダブルクリックしたら 「マスクの境界線」という所を クリックします。 すると境界線の調整にくるので 「エッジの調整」という所を ちょっとだけ滑らかにという値 これを15位にしてみましょうかね。 そうすると何もしてない時よりも 大分馴染んだ感じになりました。 「ぼかし」もほんの少しだけ 2 ピクセルほど付けてあげると 距離に適当な感じで ぼけましたね。 これでOKすると さっきよりも大分馴染んだかと思います。 これは適宜調整できるので ケースに合わせて調整してください。 こんな感じで 空を入れ替えることが出来ました。 最初の状態と見比べて 雲があった方が写真としては カッコいいですね。 こんな感じで一見かなり大掛かりな 作業なんですけど こんな簡単な手順でできるので 空の入れ替えに 是非チャレンジしてみてください。

Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

撮影後にPhotoshopで明るい部分と暗い部分を調整したり、ときにはちょっとした演出を加えることであなたの風景写真は何倍も魅力的になります。このコースではPhotoshopを使ったさまざまな風景写真の修正テクニックを紹介します。マスクやブラシなどを用いながら、より実践的な写真の直し方をマスターしましょう!

1時間36分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。