Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

写真の細部を明瞭にする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コントラストが低く不明瞭な写真を修正します。
講師:
05:28

字幕

このビデオでは、コントラストの 低い風景写真の修正について 実演してみましょう。 では「ファイル」>「開く」で、 アセットを開きます。 では detail.jpg というのがあるので、 これを開きます。 そうすると、航空写真ですかね。 飛行機から撮ったような写真ですけど、 なんとなく、もやっとしていますね。 全体的に締まりがない感じなので、 これをもっと引き締まった感じに したいなと思います。 コントラストを調整という時に、 例えば、よく使われるのが、 「レベル補正」なんかがありますね。 これでやっても良いんですけど、 例えば、これで範囲を決めてあげて、 調整とか良いんですけど、 結構、明るさも 変わってしまったりするんですね。 ちょっとこれは、やりにくい所もあるので、 今回、違う方法でやってみようと思います。 それではまず、このレイヤーですね。 これを複製します。 この「新規作成」のアイコンに ドラッグ&ドロップして、 新しいレイヤーができました。 そしたらで、 このコピーした新しいレイヤーを 「フィルター」> 「スマートフィルター用に変換」 ここから変換して、 スマートフィルター、 後から値が調整できるようなフィルターを 掛けられるようにしておきます。 そしたら「フィルター」>「その他」で、 「ハイパス」というのを選びます。 そうすると、 ハイパスというのがかかって、 こんな感じの、 なんか、グレースケールの中で もやっとした感じになりました。 このスライドですね、動かしてみると、 例えば、左にどんどん行くと、 どんどん細部が無くなっていって、 ただのグレーの ベタ塗りになっちゃいますね。 反対に右の方に行くと、 どんどん細部が出てきて、 この様に、選ばれる物が多くなってきます。 これですね、これの調整によって、 どれくらい細かい所を もっと浮き立たせるか、 もっと強調したい細かい所を 選ぶことによって、 その分だけコントラストが上がるという、 そういった処理を行ってみたいと思います。 では、今回は、 36 に設定してみましょう。 では、 36.0 に設定した上で、 これを OK します。 勿論、ここの「ハイパス」という所を ダブルクリックすれば、 後から調整することもできます。 では、このレイヤーの重ね方ですけど、 これを「オーバーレイ」にします。 そうすると、こんな感じの見た目になります。 さあ、どうでしょうね? これが使用前ですけど、 このコピーしたレイヤーをハイパスかけて、 オーバーレイで重ねただけで、 かなり引き締まりましたよね? しかも、明るさは変ってないです。 この輪郭の部分だけ、シャキッと出た感じで、 調整することができました。 これだけでも大きな進歩ですね。 では次なんですけど、 全体的に色味も、 ちょっと変えてみようかなと思います。 では、この「レンズフィルター」 というやつですね。 これを掛けてみましょう。 そうすると、色が微妙に 変ったかと思うんですが、 このレンズフィルターというやつは、 本物のカメラに付けるフィルターの様に、 付けた時に色が変化します。 暖色系、寒色系もありますし、 いろんな色もあります。 「マリンブルー」なんてのにすると、 かなり青っぽいですね。 こういったもので、 あと、「適用量」というのを変えると、 この様に、この色を強調したりとか、 弱くしたりと、 そういったことも できるようになってます。 それではですね、今回は、 「暖色系(81)」というやつを ちょっと使ってみましょう。 そして、少し濃い目に、 こんなところでしょうかね。 これで、オン / オフしてみると、 元々、ちょっと青っぽ過ぎて、 なんとなく全体に寂しい感じだったのが、 寒色に傾いていたのが、暖色に戻ったので、 ちょっと全体の色味が良くなって、 また引き締まって見えるようになりました。 そしたらですね、これに加えて、 ちょっとだけ、 この「トーンカーブ」、これを適用して、 中間値を、真ん中の辺りを ちょっとだけ下げてやりましょう。 全体ちょっと明るすぎる感じがあったので、 ちょっとだけ下げてあげると、 また引き締まりますね。 こんな処理を行って、 出来た結果がこれですね。 この「ヒストリー」の所を開けてみて、 画像を最初に開いた直後と 比べてみましょう。 一番最初がこれです。 何にもしていない時。 色も変に青っぽいですし、 もやっとして締まりがなかったんですが、 今の作業を行った結果、 こんな感じになりました。 かなり違いますよね。 この様にして、それぞれの値を 写真によって微調整するとして、 この手法、特にハイパスを使って、 オーバーレイで重ねると、 輪郭を強調できる手法なので、 面白いので、 是非とも、皆さんも使ってみて下さい。

Photoshopで風景写真を10倍美しくするテクニック

撮影後にPhotoshopで明るい部分と暗い部分を調整したり、ときにはちょっとした演出を加えることであなたの風景写真は何倍も魅力的になります。このコースではPhotoshopを使ったさまざまな風景写真の修正テクニックを紹介します。マスクやブラシなどを用いながら、より実践的な写真の直し方をマスターしましょう!

1時間36分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年03月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。