Illustratorで名刺を作成しよう

文字を縦書きにする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字ツールには縦書きにするものがあります。あとから変更できたり、他にも便利なツールがありますので見ていきましょう。
講師:
04:41

字幕

Illustrator だけではなく他の Adobe 製品にも共通していることですがこのツールパレットの中に右に小さい三角があるものは色々なツールが隠れているものです。テキストツールでも様々なものが隠れています。縦書きにしたり、色々なことができますのでその一つ一つの機能を紹介していきます。まずツールパレットで選択したいツールを長押しすることでこのように隠しメニューが出てきます。文字の縦ツール、これを選んでみましょう。普通のテキストツールとはまた違うものになっています。このまま試しに文字を入力していくとあいうえお、縦書きになっています。文字ツールでは縦書きにすることも可能です。またこのように既に入力してある文字を縦書きにすることも可能です。書式からウインドウを選び組み方向を選択し、右側に出てきた縦組みを選択します。そうするとこのように文字が縦書きになりました。Command + ZWindows だったらCtrl + Z で戻ります。文字ツールは本当に有用なものがたくさんあります。エリア内文字ツールというのは例えばすでにこのような四角または丸を作っておくとします。これをエリア内文字ツールでクリックしてみますとこのようにテキストエリアとして流し込むことができるようになります。 四角だけではなく円でも可能です。このようになりました。おもしろいですね。またパス上文字ツールというのは面白いデザインが作れるのでぜひ覚えておきましょう。これは例えば先程のように丸を作るとします。ここにパス上文字ツールでクリックするとこのパスに沿って文字が入力できるようになります。これを鉛筆ツールなどパスを好きに書けるものと組み合わせるとこのように流れるような形で文字を入力する事ができます。面白いですね。このように流れるような文字の形を書けるのは、パス上文字ツールの大きな特徴ですのでよく覚えておきましょう。また CC からは文字タッチツールという新しい機能が追加されました。これは文字の一つ一つを好きな位置にアウトラインすることなく調整できるというものです。変えたい文字をクリックして大きくすることやまた回転をさせる、あとは下に移動させたり左にくっつけたりなど様々な自由な形にできます。このような文字の編集は書式〉アウトラインを作成〉図形のようにすることでしか作成ができなかったのですがCC からはこちら文字タッチツールを使うことで好きな形で移動させることが出来るようになりました。何よりも素晴しいのが好きな形で移動した後に文字を打ち変えることができるということです。 注意しておきたいのはこの先程作成したエリア上文字ツールこれはこのように文字がすべて入っていない時小さいプラスのマークが出てきます。文字が隠れてしまうのですね。ですのでこのように最後のかぎ括弧が表示されていないケースが出てきます。これが出てきている時は文字が途中で切れてしまっている証拠ですので、こちらのパス上文字ツールを使う時、ここにプラスのマークが出ていないかをしっかり確認しておきましょう。このレッスンではテキストツールの様々な使い方を紹介しました。

Illustratorで名刺を作成しよう

このコースでは名刺の作成を通して「デザインすること」について学びます。Illustratorの基本的な使い方のほかレイアウトの仕方やイラスト作成のためのノウハウ、プリントアウトのさいの注意点などを順を追って解説していきます。さあ自分オリジナルの名刺を一緒に作ってみましょう!

2時間44分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月27日
再生時間:2時間44分 (32 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。