Illustratorで名刺を作成しよう

ガイドを引いて合わせる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
デザインの4原則のうちに「揃える」があります。目で見て揃えるのは大変なので「ガイド」を利用して目印にしましょう。
講師:
07:11

字幕

デザインを覚えるのに必要な原則というのが4つあります。いわゆるデザイン四原則、そのうちの1つに揃えるというのがあります。目で見て揃えるのは大変なのでガイドを利用して、目印として揃えることの目安にしましょう。例えばこの水色の線、これが「ガイド」です。マウスを乗せると、「ガイド」と出てきます。今この緑色の文字は表示の「スマートガイド」をオンにしていることで表示されるものです。「ガイド」と出ます。「ガイド」はプリントされません。あくまでも補助線なのでどんどん引いてあなたの整列をする時の目安にして下さい。例えばここ http の h はきれいに揃っていますが電話番号の電はちょっと揃っていません。このテキストの基準点を見るとしっかり揃っているのですが、やはりレイヤー等というかこのボックス、文字の仮想ボックス上では少しずれて見えるようです。そういう時はガイドを目安にしてぴったり揃えておきましょう。そうすることで、しっかりより揃えられてるような見た目になります。こうですね。ガイドの作成の仕方は非常に簡単です。まず「表示」>「定規」を表示させます。今は「定規」がすでに表示されていますので「隠す」となっていますが、もう一度「定規を表示」とすると出てきます。 この「定規」を表示させた時に左からドラッグするとガイドが引かれます。ドラッグすると縦のガイドが引かれます。上からドラッグしてくると横のガイドが作られます。これを元にガイドを引いていくと非常に楽です。ガイドを削除したり、移動させたい場合は「表示」>「ガイド」>「ガイドのロック」のチェックを外していることを確認した上でクリックすると、選択ができ削除できるようになります。例えばガイドを使う時、このような状況があります。左からこう出して、ここの真ん中に合わせるのです。このトリムマーク、この線はちょうど真ん中です。そこにガイドを用意しておきこの名前を真ん中に合わせるようにします。真ん中に合わせる時、テキストはここの赤い点が基準点です。「オプションバー」を見ると左揃え、中央揃え、右揃えとなっています。ここを中央揃えにすることでテキストの基準点が真ん中に揃うのでこれをつまんでドラッグしてガイドに合わせれば、真ん中にぴったり揃います。このように整列をしていきましょう。次にガイドは何もこの定規から作られるものだけではないのです。変わった形のガイドも作ることができます。例えばこの円、「楕円形ツール」で円を作ってみましょう。 これを「表示」>「ガイド」>「ガイドを作成」と押すとこれも「ガイド」になりました。注意したいのは、ガイドで色が変わりました。青い線に白ですが、あくまでもガイドの時としての目安なのでその前に持っていた円の「塗り」情報は生かされてしまうのです。例えば、こうやってものを置いている時ここら辺に移動したいのにこのように間違って、文字が移動したいのにこればかり選択されてしまう、という時がありますのでガイドにする時は、なるべく「塗り」と「線」をなしにしておくと使いやすくなります。様々な形でガイドを作れるので例えば文字でも可能です。文字を入力した上で、これを図形に変換します。「書式」>「アウトラインを作成」、「塗り」をなしにして「表示」>「ガイド」>「ガイドを作成」そうするとそうすると、これもガイドとして使うことができるようになりました。Illustrator は様々な形でガイドを作成できるので、非常に面白いものです。このガイドを活用してレイアウトをより便利にしていきましょう。例えば、これも「ガイド」です。印刷の範囲を示しているガイドですがさらにレイアウト用のガイドを引くことも可能です。まずは「長方形ツール」で四角を作ります。 この内側のガイドに合わせて作っておきましょう。さらに「オブジェクト」>「パス」>「パスオフセット」から- (マイナス) 3 mm にもう一個四角を作ります。この四角、今赤く選択されている四角を使います。元のものは不要ですので削除しましょう。これをクリックして先程言った注意事項、「塗り」はなるべく無しにした方が便利なので、無しにした上で「表示」>「ガイド」を作成します。これで3つ目の「ガイド」ができました。一番外側はこの目安、断裁する仕上がりの線です。その内側は印刷できるぎりぎりの範囲です。ここから少しでも左にずれてしまうと文字が切れてしまう可能性が出てくる絶対内側に合わせておかなければいけない線です。それとは別に、先程作成したこのガイドはレイアウト用のものです。左に揃えて並べたい、という時にここを使います。例えばこの住所、基準点は左のままです。その基準点をドラッグしてぴったり合わせることができます。ガイドがあると、このようにできるので非常に便利です。もしこのガイドがないと、スマートガイドがあるとすごく楽なのですが、それでもちゃんとぴったり合っているのかなというのはなかなか見づらいですしどこで合っているのか、こう目で見えるようにしておいた方が便利です。 ガイドは非表示/表示を切り替えることができます。「表示」>「ガイドを隠す」という所です。Windows だと Ctrl と ; (セミコロン)Mac だとCommand と ;(セミコロン)です。このショートカットキーで繰り返し押すことで、表示/非表示を切り替えることができます。このレッスンではガイドによるレイアウトの方法を学びました。

Illustratorで名刺を作成しよう

このコースでは名刺の作成を通して「デザインすること」について学びます。Illustratorの基本的な使い方のほかレイアウトの仕方やイラスト作成のためのノウハウ、プリントアウトのさいの注意点などを順を追って解説していきます。さあ自分オリジナルの名刺を一緒に作ってみましょう!

2時間44分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。