Illustratorで名刺を作成しよう

透明にする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
少し薄くしたり、色と色を重ねてみるとき、不透明度を設定したり、演算を使うと豊かな表現が可能です。
講師:
03:47

字幕

このようなデザインの時、この月のマークを少し後ろの背景を透かせて見せたい時などあります。Illustrator では不透明度の表現ができるようになっています。さらに演算処理を使うことで豊かな色の表現ができますのでそれらを見ていきましょう。まず不透明の表現ですがこのように月をクリックしておきます。「透明」というパネルが右側にありますので、それを見てみましょう。もしなければ「ウインドウ」からずっと下に行き、ここです。「透明」にチェックが入っているかを確認して下さい。チェックが入っていればパネルは表示されているはずです。ここの「不透明度」、ここをクリックするとこのようなスライダーが出てきます。左側のカンバスを見てみるとこのように透けた表現ができました。背景の波、そして青の色に黄色が少し変化しています。これらを使うことで、様々な透明の表現が行なえます。さらに演算処理というものも見てみましょう。例えばこの月一度100 パーセントに戻します。これは先程見たものと同じ形です。不透明度の隣に「通常」マウスを乗せると「描画モード」と書いてあります。ここをクリックすると様々なものが出てきました。「乗算」をクリックすると、このように背景は透けますが先程と違う色味になりました。 これは黄色と後ろの青、それを掛け合わせているものなのです。では次、「スクリーン」にしてみましょう。今度は真っ白くなって透けなくなってしまいました。今ここに重ねている黄色それとこの水色を掛け合わせて明るくした結果、白になっているという形になります。具体的な仕組みは、みなさん覚えるのは大変かもしれませんがこのように何かいい見た目はないかといじっておくだけでも思わぬ効果が得られるかもしれません。ぜひ様々な形でさわってみるといいでしょう。さらに「グラデーション」でも透明を使うことができます。「グラデーション」で色を設定していきましょう。まずは「グラデーション」をクリックし、適用したい色を「スウォッチ」からなどこのようにチョイスしていきます。こんな風になりました。この中の所だけ透かしたい場合もあると思います。その場合、この中の方「グラデーションスライダー」をダブルクリックしてこのカラーパネルにある「不透明度」をクリックします。0 パーセントになるとこのように中のグラデーションの所が透過になりました。もちろん逆の設定も可能です。「反転グラデーション」を押すことで円が透けて見えています。ぼかしのような効果を与えることができました。 より神秘的なムードを作りやすくなります。「グラデーション」や「不透明度」そして「演算」を使うと、様々な効果が得られます。もう少し色彩を豊かにしたい、そういったアイディアを考える時にもぜひ使ってみて下さい。

Illustratorで名刺を作成しよう

このコースでは名刺の作成を通して「デザインすること」について学びます。Illustratorの基本的な使い方のほかレイアウトの仕方やイラスト作成のためのノウハウ、プリントアウトのさいの注意点などを順を追って解説していきます。さあ自分オリジナルの名刺を一緒に作ってみましょう!

2時間44分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。