Illustratorで名刺を作成しよう

フォントをアウトラインする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
あなたが持っているフォントは他の人は持っていないかもしれません。そうするとあなたのデータを他の人が開いたときにフォントが別のものに置き変わってしまい、せっかくのデザインが台無しになってしまいます。デザインが完成したら誰でも開けるようなカタチにしておくことが必要です。
講師:
03:59

字幕

あなたが使っているフォントは他の人は持っていないかもしれません。そうすると、あなたのデータを開いた他の人はフォントが別なものに置き換わってしまってせっかくのデザインが台無しになってしまいます。デザインが完成したら誰にも開けるような形にしておくことが必要です。印刷所でもすべてのフォントを用意しているわけではないのでこういった書体をアウトライン、図形にして誰でも開けるようにしておきましょう。アウトラインをするのは非常に簡単です。まずは、すべての書体を選択します。「メニュー」から「選択」 >「<すべてを選択」で全部を選択できますのでそこから「書式」「<アウトラインを作成」とすることでアウトラインができます。アウトラインというのはこれまで入力可能だった書体が入力できなくなる代わりに図形として記憶し、誰でも開けるようにしておくことを言います。このように入力ができないですね。文字ツールを持っていって、編集しようとしてもこのように入力し直すことができません。新たにテキストを作るようなことになってしまっています。この状況にしておくことで、誰が開いても同じ書体になるので印刷も安心して出せる、ということですね。 で、ただ、こうロックがかかっていたりとかすると、うまくいきません。状況を元に戻してみましょう。これがアウトライン前の状況ですね。例えば、このコンテンツ部分にロックがかかっていてすべてを選択して「書式」>「<アウトライン」すると、文字がないですよとなります。これはまだ良いのですが例えば、この一つこの一つのデータだけが他のレイヤーにあるとします。このようにドラッグして、下のレイヤーに移動しておきますね。「コンテンツ」というのに、ほとんどの文字が入っているのですがこの「背景」というところにだけ一つ文字が入っていますこの状況で「コンテンツ」にロックをかけているとこれを選択できてしまうので、「書式」「<アウトラインを作成」でうまくいったように見えてしまうんですね。でも、他のところ、ロックがかかっている所はテキストのままです。これで印刷に回してしまってはやっぱり書体が変わってしまいます。ですので、アウトラインを作成する場合はまず、レイヤーのロックを全て削除しておくそして、「選択」>「<すべてを選択する」それから、「書式」>「<アウトラインを作成」とすると良いでしょう。それでもまだ不安なケースは、そのアウトラインをした後メニューの「選択」にて「<オブジェクト」「<すべてのテキストオブジェクト」などとしておくと良いでしょう。 このようにしておくとまた状況を戻して、アウトライン前にしておきますが「選択」>「<オブジェクト」>「<すべてのテキストオブジェクト」とするとテキストオブジェクトがしっかり選択されます。自分で選ぶよりも機械が選んでくれた方がうまくいくことってありますよね。私はどうしても見間違えとか数え間違いとかが出てしまうのでこういったところは、なるべく機械に任せるようにしています。そのような手順を踏んだ後で改めて「書式」「<アウトラインを作成」とすることが大切です。このレッスンでは、アウトラインの重要性そして、アウトラインの仕方ミスのない手順を紹介いたしました。

Illustratorで名刺を作成しよう

このコースでは名刺の作成を通して「デザインすること」について学びます。Illustratorの基本的な使い方のほかレイアウトの仕方やイラスト作成のためのノウハウ、プリントアウトのさいの注意点などを順を追って解説していきます。さあ自分オリジナルの名刺を一緒に作ってみましょう!

2時間44分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。