Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

アンシャープマスク

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アンシャープマスクを使って、明るさに影響を与えずにコントラストを上げる手順をご紹介します。
講師:
03:34

字幕

このビデオでは、アンシャープマスクで コントラストを上げる テクニックをご紹介します。 それではアセットを開いてみましょう。 「ファイル」>「開く」から unsharpmask.jpg を開きます。 そうすると、今回使うのは ドバイの写真ですね。 ちょっと拡大するとこんな感じです。 この写真、よく撮れているんですが 幾分もやっとコントラストが足りない感じなので これを解消したいと思います。 コントラストを解消する手段は 色々あると思うんですが 今回はアンシャープマスクを 使ってみようと思います。 では、アンシャープマスクをかけるんですが このフィルターの項目をかける時には事前に 「スマートフィルター用に変換」と これを実行しておくと、後から フィルターの設定を変えることができるので 非常に便利です。 まずはこれをやっておいてください。 そしたら、「フィルター」>「シャープ」> 「アンシャープマスク」を実行します。 さあ、アンシャープマスクなんですが 通常は半径が1ピクセルとかにして その上で量を調整したりして 量と閾値を調整して こうしたエッジの部分をシャキっとさせるのが 主な使い方ですが 今回この画像はエッジは そこそこシャキっとしていますが ビルの中の窓等のパーツですね こういった所がモヤっとしているので これをなんかの手段でもうちょっと はっきりできないかというところですね。 なので、ちょっと普段は狭い半径 1ピクセル等で使うことの多い アンシャープマスクですが これを半径を今回思い切って上げて 使ってみようと思います。 例えばこれを40にしましょう。 そうすると、今量も増やしてやると かなり極端にコントラストが 上がったような画像になりました。 だけど、あくまでアンシャープマスクなので 明るさに影響してしてないんですね。 この背景のグラデーションなんかには 影響させずに このオブジェクトだけのコントラストを 強めることができました。 あとは、閾値を変えたりとか 量が強すぎる場合には減らしていって 例えば、50位にしたところでオフしてみると 元々ちょっとモヤっとしていたものが だいぶ立体感が出ましたね。 こんな形でOKしてあげると こんな感じになったので これをヒストリーで 開いたところと比べてみると 元々こんな感じだったものが こんな感じでコントラストが上がった形で シャープになりました。 後ろのグラデーションに影響してないので 明るさを変えたくないという場合には この方法かなり有効です。 このようにシャープにする手段色々ありますが アンシャープマスクで半径を広くして オブジェクトの部分だけ コントラストを強くすると、 こんなやり方もあるので 是非とも覚えておいてください。

Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

撮影で使ったレンズの歪みや映像の明るさなどを修正すれば、写真はよりスタイリッシュで完璧な仕上がりになります。このコースでは都会の風景を例に今すぐ使える写真の修正テクニックをたくさん紹介します。HDRトーンの調整やPhotomargeの機能など多くのフォトグラファーにとって大変有益なテクニックを学ぶことができます。

1時間34分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。