Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

強烈な色を生成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
濃くて印象深い色彩を作るテクニックをご紹介します。
講師:
04:10

字幕

このビデオでは、強い色彩を 作るためのコツをご紹介します。 それでは、アセットを開いてみましょう。 「ファイル」>「開く」 こちらを選んで intensecolor.jpg という アセットがあるのでこれを開きます。 そうすると海辺に ROLEX のビルですね。 ビルがあって、海があって 船があってという風景が出てきました。 晴天でよく撮れている写真ですが どこか色の濃さというのが普通というか あまり強烈な感じじゃないですね。 これをもっと印象に残るような、非常に 印象の強い色に変えてみようと思います。 そこで今回使ってみようと思うのが これですね、色相・彩度です。 これを加えてみると これを使うと例えば、色相を動かすと どんどん色のバランスが変わってきますし 彩度をコントロールすると どんどん鮮やかになったりとか 逆に行くと白黒になってしまったり こういうコントロールができます。 単純に彩度を 例えば ぐいっと上げても まあなかなか 色の強い印象にはなりますが やっぱりちょっと逆に鮮やかすぎてしまって 深みがない、ちょっと表面的な感じがします。 これで色相を変えても やはりちょっと表面的な感じがしてしまうので これをさらに深みが増すような感じで 強い色にしてみたいなと思います。 その時の方法ですが 調整レイヤーを使っている時 特有のテクニックとして、 調整レイヤーの合成モードを変えるという やり方があります。 例えば、完全にリセットした 何もしていない状態で これを「覆い焼き(リニア)ー加算」 なんていうのにしてみると 全体がすごく明るく飛んだような 感じになりましたね。 こんな感じで選ぶものによって 見え方が違ってきます。 例えば その中でも「焼き込み(リニア)」 これを選んでみると さあどうでしょう。 すごく色が濃くなって 元がこれでしたけど 奥行きのある雰囲気になりましたね。 ちょっと暗すぎると困るので 「明度」という所を上げてやると ちゃんと海の部分等も出てきます。 比べてみるとこんな感じですね。 これ位調整した上で 色相の方をいじってみると やはりかなりダイナミックに 変わっていきますが この合成モードが通常の時のような うわべだけで変わってる感じがしないですね。 かなり深みのある感じで変化していきます。 例えば、こんな感じの色が 面白いかなという所で 彩度を変えてみると これもより鮮やかなほうに持っていっても 奥行きのある感じの 鮮やかさを出すことができますし 彩度を下げていっても、元と比べて 非常に引き締まった印象があります。 このようにして、調整レイヤーを使うと 様々な調整ができますが このように合成モードを変えると 非常に面白い効果が出ることがあります。 特に色相・彩度と焼き込み(リニア)のセット というのは 色を濃くして、非常に印象の強い色彩を 作るのに向いているので 是非とも応用して 使っていただきたいと思います。

Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

撮影で使ったレンズの歪みや映像の明るさなどを修正すれば、写真はよりスタイリッシュで完璧な仕上がりになります。このコースでは都会の風景を例に今すぐ使える写真の修正テクニックをたくさん紹介します。HDRトーンの調整やPhotomargeの機能など多くのフォトグラファーにとって大変有益なテクニックを学ぶことができます。

1時間34分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。