Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

誰もいない通り

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の写真を合成して、車が全く走っていない道路を作り出します。
講師:
06:09

字幕

このビデオでは複数の写真を使って 一枚の車が全然通ってない 道路を作ってみようと思います。 それではアセットを開くんですが 今回ちょっと違う方法を取ります。 「ファイル」のメニューから 「Bridge で参照」 これを実行すると Adobe の CC についてる AdobeBridge という ソフトが起動します。 こんな感じです。 Bridge が立ち上がってきました。 この Bridge というソフトなんですが 何かというと 写真の中身とかですね、 あと動画の中身なんかを 簡単にプレビューすることのできる ソフトになっています。 で、どんどん通常のフォルダーみたいに フォルダーの中身、開いていけるので アセットのフォルダーですね、 それを開いてあげて下さい。 そうしたら、その中に nocar1・2・3・4・5 と5枚あります。 これを纏めて選ぶんですが まずこの nocar1を クリックして選んでおきます。 そして Shift を押しながら nocar5 をクリックすると 1 から 5 まで 纏めて選択されます。 でですね、今回なんで この Bridge を使ったかというと この5枚の画像を 一個の Photoshop のファイルの 別々のレイヤーに 纏めて読み込みたかったんですね。 ではこの5枚選んだ上で 今 Bridge になってますね。 Bridge の「ツール」のメニューから 「Photoshop」という項目があるので この中の「ファイルを Photoshop レイヤーとして読み込み」 これを実行します。 そうすると、処理が行われて こんな感じで自動的に さっきの5つのファイルが 別々のレイヤーとして読み込まれました。 それぞれオン・オフしてみると こんな感じで ちょっとずつ違う状態で 写ってるわけですが でですね、今回これを 5枚使って この車が走ってない部分ありますよね。 これだけを繋ぎあわせて 車が一台も走っていない道路を 作ってみようというのが 今回のテーマです。 まあ、こういった道路ですね。 もう使ってる道路だったら 車が走ってない所なんて 撮りようがないですけど この Photoshop の機能を使えば できてしまうと それやってみようと思うんですが まずですね、みてもらうとわかるんですが それぞれちょっとずつずれてます。 なんかカクカクと ちょっとだけ角度がずれてますよね。 カメラが動いちゃってます。 これを揃えないと 無理なので まずは、このレイヤーを 全部選びます。 まず一番上をクリックしたら この Shift キーを押しながら 一番下を押します。 すると全部選ばれました。 そしたら、これで「編集」の 「レイヤーを自動整列」と これをクリックします。 そうすると、レイヤーを自動で揃えてくれる 「レイヤーを自動整列」と これになるんですけど、 まあ「レンズ補正」 「歪曲収差」 これを外しておいた上で これで OK します。 すると こんな感じで 今ずれを揃えてくれて それで余白ができたんですね。 これでレイヤーそれぞれ オン・オフしてみると 一枚ずつ出していっても 車だけ変わりますけど 道路とかは全然ずれなくなりましたよね。 これで、準備完了です。 では 次にこれ5つとも選ばれた状態で 今度はですね 「レイヤー」>「スマートオブジェクト」> 「スマートオブジェクトに変換」と これを実行して これ一枚のスマートオブジェクトに 変換します。 そしたらですね、また同じ所です。 「レイヤー」>「スマートオブジェクト」の この中に「画像のスタック」 というのがあります。 まあスマートオブジェクトというのは この一枚のレイヤーの中に 実はさっきの5枚のレイヤーが 収められてる状態なんですが その状態で、この「スマートオブジェクト」の 「画像のスタック」というのをやると それぞれの画像を合わせて いろいろ処理してくれるんですね。 ではその中の「中央値」という奴を 実行してみましょう。 すると かなリ車、消えましたよね。 「中央値」という所なんですけど 5枚の画像を比べて 大体、一番多数決で 多い画像が採用されると この画像5枚見ると 車の位置がそれぞれ違うので 道路であることが一番多いんですね。 なので、多数決で 道路だけが残ってる この状態になりました。 ただ部分的にちょっとだけ 車の残骸が残ってますね。 こういうのの修正方法なんですけど 次のように行ってください。 まずこのスマートオブジェクトになっていると ちょっと加工しづらいので これは 「画像を統合」としてしまって 画像を一枚に纏めてしまいます。 そしたら じゃあここを拡大してみましょう。 例えば、こういった所ですね、 直す方法なんですけど こういったものでしたら パッチツールで直すことができますね。 パッチツールを選びます。 パッチツールでてない場合には これ長押しすると ここに入ってますね。 道路なので 大体もう続いて 同じような所があるので こういった所を丁寧に 囲んであげます。 この残骸のギリギリの所を 囲んであげて そうすると選択範囲ができるので これをドラッグしてあげると こんな感じで 補修後のイメージがでてますよね。 それが一番自然かな という所に持って行ってあげて 放してしてあげると、 こんな感じで、概ねわからない感じですよね。 修正することができます。 この要領でどんどん 残っている所を処理していくと もう車が 全く走ってないですよね。 こういう現実にはありえないような 光景も作ることができます。 是非とも いろんな風景とかでできると思うので チャレンジしてみて下さい。

Photoshopで作るスタイリッシュな「都会の風景」

撮影で使ったレンズの歪みや映像の明るさなどを修正すれば、写真はよりスタイリッシュで完璧な仕上がりになります。このコースでは都会の風景を例に今すぐ使える写真の修正テクニックをたくさん紹介します。HDRトーンの調整やPhotomargeの機能など多くのフォトグラファーにとって大変有益なテクニックを学ぶことができます。

1時間34分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像加工
価格: 1,990
発売日:2014年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。