スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

はじめに

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最終形のイメージを見ながら、使用する素材を確認します。
講師:
03:49

字幕

このコースでは 最終的に今画面に出ているような 港に潜水艦が突っ込んできてしまって 地面をかき分けて突っ込んできて 更に石なんかが跳ね上がっているという 一瞬を切り取った ちょっと現実では ありえないような光景を作ります。 こうやって見るともう完成された 精密に描いた1枚の絵のように見えるんですが これは実は色の調整も こんなになっているとか 煙もバラバラになっていたり 色々な所がばらばらのパーツになっています。 こうしてみると色々なものを 出したり消したり出来るんですね。 こんな大がかりな合成を どんな材料を使って これから進めていくのか それをまず見てみようと思います。 最初は確認の意味も含めて 素材を一通り見てみようと思います。 では、素材を見るのに 便利なやり方なんですけれど ファイルメニュー> Bridge で参照 というのをやると Adobe の CC の中に入っている Adobe Bridge というソフトが立ち上がります。 それをまず 「Bridge で参照」を実行してみましょう。 そうすると これが Bridge というソフトが 立ち上がった状態です。 これは何をするソフトかというと 画像であるとか動画であるとか そういった何かを作る上での材料を 素早くプレビューできるソフトです。 ではこういったところは 普通のフォルダを開くのと一緒ですので 今回のコースの assets のフォルダ その中のまず Chapter01 から 見ていきましょう。 Bridge はサムネイルに マウスをカチッと当てると こんな感じで一瞬で中身を 見ることができます。 これですが全体の元になっている 画像なんですが、 これは海辺の古い町って感じですけれど こっちの Bridge を見ると 今の写真ですよね。 これをこんなに変身するんですね。 あと、この海とか空とかもありますけど 当然これは海も空もありませんので 後ろにある海と空は 合成されたものという事ですね。 じゃあ Chapter02 を見てみましょう。 これはある程度パーツが配置された Photoshop ファイルですけど この標識とか潜水艦とか そんなものも実は別の素材なんですけど この段階ではただ単にこの黒い空と 白い地面に置かれているだけなんですけど それがこんなにリアルに合成されると これはかなり細かい調整を加えた後ですね。 そして Chapter03 のフォルダを見ると この上から顔を出している船長さんとかも 元々こんな素材でしたし この横の砂煙ですね、こういうのも全然別の これは車の車輪の所の素材でしたね。 あとは、これなんかどこに使われているか こんな岩山どこにあるのかと 思うかもしれませんが後で分かります。 こんなのも使います。 後はこの細かい破片とか石とかですね。 後こんな海の上を通った後とかも どこに使われているのかと 見てみても面白いですね。 これはちょっと特殊なもので Photoshop のブラシファイルというやつで 後でこれも読み込んで使います。 このようにして今ご覧いただいたような 様々な素材を使いつつ さらに手で描いたりしながら このイメージを作っていきます。 ちょっと大変なところもありますが じっくりやっていけば 大体の方はできると思うので ぜひともじっくり時間をとって チャレンジしていただきたいなと思います。 それでは行ってみましょう。

スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

Photoshopを使って人間の感覚に訴えるちょっとした演出を加えることで、静止画の中にもスピード感を感じさせることができます。このコースの中で紹介されているさまざまなテクニックを学べば、写真の合成テクニックはもちろん、イラストやマンガを描いている方も自分の作品に非常に豊かな場面効果を加えることができるようになるでしょう。

2時間12分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。