スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

ペンとベクトルマスク

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンツールを使って、レイヤーにベクトルマスクを追加して、アーチの奥の風景を削除します。
講師:
04:11

字幕

このビデオでは画像の奥の この街の部分を切り取りたいと思います。 この画像は既に空の部分が きりとられているんですが 追加でこっちの街の奥の方も 別の風景を重ねたいので 切り取ります。 既にレイヤーマスクができているんですが こっちは違った設定で 切り取ってみようと思います。 こっちで使うのはペンツールです。 これを選んで ペンツールはベジェ曲線という Illustrator でも使う こうしたカーブの部分を切るのに 便利な曲線を描くことができます。 ちょっとやってみましょう。 まず、このカーブの始まりの所を 1個目クリックします。 カーブの1番上の辺りのここら辺を クリックして マウスを放さないままで このハンドルを引き出してくると このカーブの曲がり具合を 調整できるので ぴったり沿う形で 放します。 Mac の方は Option キー Windows の方は Alt キーを押しながら このハンドルをドラッグすると 方向を自由に変えられるので 次はこのカーブを描くので その始まりにぴったり沿った形に 直して 2発目ですね。 このビルは残すので この境界の所にしましょう。 ここでクリックして またハンドルが出てくるので 角度を合わせてあげると カーブがぴったり沿った形で 線を描くことができます。 ここのビルはまっすぐ切ってしまうので この部分まで 一直線でストンと。 こういう直線の連続の部分ですが こういう所は 何度かクリックして 直線を作っていけばOKです。 今度はここまで一直線で ここを切ってしまいましょう。 ここをクリックすると ちょっと薄いですけど 線が引かれています。 この奥の方 こっちの柱の根元と ここは直線の連続でいいので あとはこのようにして 選んでいきます。 この細かい部分もですね。 ここはちょっと丸くなっているので こういう所だけ細かく このような形でカーブを作って カーブを1回作ったら Option か Alt を押して このハンドルを引き出して この丸に沿った形で パスを作っていきましょう。 これでぐるりと囲めました。 ちょっと薄いので分かりづらいですけど ここですね。 ぐるりと線で囲まれています。 この状態になると このパスという方 ここに作業用パスというのができています。 これが今囲まれた形ですね。 これでレイヤーの方に移動して こっちの画像の方のサムネイルを 選んでる状態で 又このマスクのボタンをクリックすると もう1個 これはベクトルマスクと呼びますけど これが追加されて この部分が切り取られました。 ただ、又,これも逆になっているので この矢印のツールに持ち替えて この部分をクリックすると メニューが出てくるので 「前面シェイプを削除」 つまりこの部分は削除すると いう設定なんですけど それにすると ここは穴になって 全体を見ても 空も穴ですね。 このように空とアーチの向こう側 この2つを繰り抜くことができました。 ここに更に色々な素材を合成していきます。

スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

Photoshopを使って人間の感覚に訴えるちょっとした演出を加えることで、静止画の中にもスピード感を感じさせることができます。このコースの中で紹介されているさまざまなテクニックを学べば、写真の合成テクニックはもちろん、イラストやマンガを描いている方も自分の作品に非常に豊かな場面効果を加えることができるようになるでしょう。

2時間12分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。