スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

空と海

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の奥の方に、空と海の素材を合成します。
講師:
04:34

字幕

このビデオでは 画像の奥の方に 空と海を合成していきます。 それでは早速アセットを開いてみましょう。 「ファイル」>「開く」から まず skyandsea1.jpg これを開きます。 そうすると空ですね。 これをこちらの後ろの所に 合成してみたいと思います。 そしたらこの skyandsea の方のタブです これをドラッグしてやると 独立したウィンドウとして 切り離すことができます。 そしたら移動ツールを持った状態で この画像をどこでもいいので ドラッグアンドドロップしてあげると この様にこっちに持ってくることができます。 ではレイヤーをドラッグして 一番下に持っていって そうすると後ろになります。 そしたら「編集」>「自由変形」 これを実行して Shift キーを押しながら この斜めの所ですね ドラッグしてあげると サイズを変えることができます。 大きさは上は一番上に ぴたっとつけた状態で 大体これぐらいでしょうかね。 雲が格好良く見えるように調整して ではこんなぐらいで やりましょうかね。 大体この水平線が、 この突起の部分の横に出るぐらいのところで ダブルクリックをすると確定します。 これで空が出来上がりました。 そしたら次に今度は skyandsea2.jpg の方ですね こっちを開きます。 こっちも同じ要領で ウィンドウを切り離して独立させた上で 移動ツールでドラッグアンドドロップすると このようにしてこちらの画像の方にやってきます。 今、空と建物の間の所に この海のレイヤーがあります。 そしたらこれも「編集」>「自由変形」で 大きさを変えてあげて そうですね大体 結構これは縮めてしまうと。 この太陽の照っている部分ですね この辺が端っこの方にちょっと出てくるぐらい 概ねこんなものですね。 これぐらいにしてあげて ダブルクリックすると 確定します。 今ここの部分がちょっと はっきり出すぎているので この海のレイヤーにマスクを作ってあげて なだらかに変わるように加工してみたいと思います。 では海のレイヤーの方にレイヤーマスクを 追加して このレイヤーマスクが選ばれている状態で このブラシツールを選びます。 そしたら、ブラシは今度はソフトなペン先で 大きさは大体 128 とこれぐらいですね。 不透明度は 50 にして この端っこの所でちょっとなぞってみると こんな感じで 海の画像の方が消えて 空の画像の方が出てきます。 この建物の方は影響は出ないんで 思い切って塗ってくださいね。 そしたらこの雲の形を基準にして 雲が自然な形で薄くなってくるようにして つながるような形になれば OK ですね。 こんな感じです。 線が出てしまわないかここですね。 よく見てあげてください。 こうして見ると、元々これは ちょっと海の色が良くないですね。 海の色がかなりダークな 感じになっていますけれど 海だけ別に合成したので 素晴らしい色の海と素晴らしい色の空が 同居してなだらかに変わっていくと。 まあ理想的な状況になりましたね。 このように一枚で海と空が ばっちりな画像がなくても 2枚合わせてしまえば ばっちりな状況ができると。 Photoshop ならではの強みですね。 こういうところをどんどん 自分の作品にも 応用してもらうといいかなと思います。

スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

Photoshopを使って人間の感覚に訴えるちょっとした演出を加えることで、静止画の中にもスピード感を感じさせることができます。このコースの中で紹介されているさまざまなテクニックを学べば、写真の合成テクニックはもちろん、イラストやマンガを描いている方も自分の作品に非常に豊かな場面効果を加えることができるようになるでしょう。

2時間12分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。