スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

影ともう片方の砂の合成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
砂の影と、もう片方の砂を合成します。
講師:
07:52

字幕

このビデオでは この巻き上げられた砂の影と こちら側の砂を合成してみようと思います。 まず、砂のレイヤーの1個上に 「レイヤー」>「新規塗りつぶしレイヤー」> 「べた塗り」を追加します。 そしたら、カラーをこんな茶色系のところに 持って行って、ちょっと茶色っぽい色ですね、 こんな感じの色を選んで OKします。 このべた塗りのレイヤーマスクを選んで 「イメージ」>「色調補正」> 「階調の反転」を実行します。 一時的に見えなくなるので そうしたらブラシを選んで 直径をまあこれくらいの大きさにしておいて 不透明度は10%にしておきましょう。 描画色を白にしておいて それでこの砂の端っこのところですね。 本来であれば影がつくようなところを このように擦っていくと 段々と影がついていきます。 これで余計内側のほうは濃くて 外側が散らばっているという感じが出ますね。 これはべた塗りのレイヤーで 作っているところの良い点なんですが 後から例えばこれのように ちょっと色が違うかなと思った時に この色の部分ダブルクリックして 色を調整していけば 雰囲気が変わっていきます。 そのままリアルタイムで変わっていくので これぐらいのほうが合うかなというところを 見つけてOKすると こんなふうに最適な形に 調整することができます。 このままだとちょっと濃すぎるので 不透明度を下げれば薄くできます。 ちょっとだけ薄くして 今度逆に描画色を黒にして ちょっとやりすぎたと思うところを 戻すと少し弱められるので より最適な形にこんな感じに 塗ることができます。 そしたら、こちら側の砂も合成して 砂の部分仕上げていきましょう。 「ファイル」>「開く」から sandmask2.jpg ですね。 これを開いて これにもレイヤーマスクを追加します。 そしたら作業用に 「塗りつぶしレイヤー」>「べた塗り」で 真っ黒のレイヤーを作っておいて これを下に敷いて そしてレイヤーマスクを 不透明度80%くらいの ある程度大きめの設定で 処理してあげれば まずこの飛び散っている周辺ですね。 これをまず処理して 一周できたら 今度さらにもう少し 散らばっている感じですね。 こんな感じに処理して ブラシを これに持ち替えて 不透明度も100%にしていいですね。 周りの部分は 一気に消してしまいます。 下のほうですね。 これは適当に形を整えておいて これで素材ができたので レイヤーを切り離して メインのほうにドラッグ&ドロップで 持っていきます。 これが一番上になるので、重ね順ですね。 一番上に持ってきます。 そうしたら 「編集」>「自由変形」から これでサイズを小さくして そして回転させて もう少し小さくなるような形で もうちょっとですかね。 隠しすぎてしまわない程度に これくらいでいいでしょうかね。 これくらいに調整して配置します。 この辺をズームして この部分馴染むような感じに直します。 レイヤーマスクを選んで ブラシを持って 不透明度10%くらいにして 大きさを小さくして これでこうした部分が 馴染むように 直します。 もうちょっと下でしょうか。 こちらの縁のほうですね。 馴染むような形で 戻す時には白ですね。 この辺を戻して こんな感じでしょうか。 こんなふうに位置を合わせると さあ、バサッと砂が 巻き起こったような感じができました。 ここにさらに加工を加えていきます。

スピード全開!Photoshopで作る「アリエナイ」光景

Photoshopを使って人間の感覚に訴えるちょっとした演出を加えることで、静止画の中にもスピード感を感じさせることができます。このコースの中で紹介されているさまざまなテクニックを学べば、写真の合成テクニックはもちろん、イラストやマンガを描いている方も自分の作品に非常に豊かな場面効果を加えることができるようになるでしょう。

2時間12分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年06月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。