近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

FileMaker Pro 15 基本講座

データベースについて

全438コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
データベースとはなんでしょう。なぜデータベースで管理したいのか原点に遡って課題を一緒に確認しましょう。
講師:
03:13

字幕

データベースとはなんでしょう?なぜデータベースで管理したいのかまず原点に遡って課題を一緒に確認しましょう。みなさんの中ではデータベースはこんなイメージではないですか?その言葉からイメージできるようにデータとベース、つまりデータの基地と言えるでしょう。そもそもデータとは何でしょう?データ、つまり情報の集まりなのですがその項目はたくさんあります。そしてそれらのデータがたくさんあるものがデータベースです。例えば Web で検索できるたくさんの情報などもそうです。とても大きなもののように思われますが身近にもたくさんあります。連絡帳や郵便番号簿、レシピ、図書館の目録なんでもそうです。また日々増えて行くものもあります。家計簿や銀行の取引情報、売上データやプロジェクトの管理などあらゆるものがデータ、つまりデータベースと言えます。これらのたくさんのデータを1つの場所に、基地にまとめて入れたいそんなようなことができるのがデータベースですが入れたものをさらに必要な時に適切な形で取り出すといったような要求にも答えてくれます。そして何より一元管理することにより共有が用意になります。つまりたくさんの人との共同作業も簡単になります。 基本はデータを入れて管理し、そして出力、つまり利用する。その様なシステムを一般的にデータベース管理システムと呼びます。では何故スプレッドシートの管理には限界があるのでしょうか。スプレッドシートでは横に展開する項目が増えると確実に管理することはやっぱり難しくなります。そしてヒューマンエラーが発生します。またデータが増えてくると縦横にスクロールして膨大なセルの中を移動しながらメンテナンスしていくことになりますがなおさらエラーは発生します。もちろんパフォーマンスにも影響します。どのようなことか1つ例を見ると例えばついうっかりセルを挿入して縦にデータの位置がずれてしまったり同様に横にずれてしまうなんてことが発生します。この様なことがあると、データの管理としては致命的な問題を抱えています。そしてデータベース管理システムではこの様な問題を回避するために1つのデータの塊をレコードとして確実に管理しデータの基地に格納します。スプレッドシートからデータベース網に変わって行くと様々な問題の解決法を見出せます。このレッスンではデータベースについてまた何故データベースで管理したいのかその課題を確認しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
講師:
発売日:2017年02月03日
再生時間:9時間51分 (99 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。