FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proについて

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
FileMaker Pro は、どのようなアプリケーションなのでしょうか。なぜFileMaker Proで管理したいのでしょうか。FileMaker Pro には他にはない様々な特徴や機能があります。
講師:
05:37

字幕

FileMaker Pro はどのようなアプリケーションなのでしょうか。何故 FileMaker Pro で管理したいのでしょうか。このレッスンでは FileMaker Pro の基本の概念を説明します。みなさんは何故 FileMaker を学ぼうとしていますか?そうです、まず課題があるはずです。これからみなさんは抱える課題をなんとかしたい、つまり解決したいと考えているからです。では一体何で解決するのか。多くの場合はデータベースで解決できます。データベースとは大量の情報を効率的に利用する1つの方法です。データベースは一般的には専門の知識が必要で敷居が高いものなのですが日常の変化に富んだ業部の現場で手軽に利用できる道具、それが FileMaker Pro です。この解決のために作られたファイルをFileMaker では「ソリューション」あるいは「カスタム App」と呼びます。では一体何故データベースは効率改善のための道具となるのでしょう。簡単に説明しましょう。データベースには大量のデータを早くさばくことができるための仕組みがあるのです。探す、並び替える、集約したリストを作るといったことを素早く処理したいために水面下で「索引」といったものを利用します。 索引とは、みなさんが書籍で目的のキーワードを探す時に利用している最後についている、あれです。それと同じ役割のものです。この索引を利用することにより素早く処理ができるのです。もう1つ同時に複数人で利用するといったことも考え、そして素早く処理をするそれらのことを併せ持って考えると「共有」といった概念が必要になってきます。この共有することで値の違うばらばらの管理を避けたいのです。さらに1箇所に集めてこれを複数人で共有するといったことはデータベースの使命でもあります。また同時に変更の要求が来た時に順番を守って確実に値を保管するために「管理」もします。これらがデータベースを使って効率改善を期待したい理由になります。FileMaker はこれを簡単に行うことができる課題解決のためのファイルを作ることができるのです。1つのファイルで主に3つの機能を持ちます。まず入れ物を作る。そして共有する、あるいは単体で利用するといった利用シーンを考えその上でデータを入れていきます。もうすこし言葉を変えて説明しましょう。入れ物を作るということはつまり開発をすると一般的に言われます。また共有する、あるいは単体利用するといったどのように利用するのかといったことを考え、そしてそれを実現するために運用・展開といったようなことを計画します。 その上でデータを入れる、つまりデータベース管理システムを利用していくわけです。それぞれもうすこし具体的な機能で見ていきます。開発するために FileMaker ではデータベース定義といったことを行いリレーションシップなども作成していきます。インターフェースデザインでレイアウト、つまり画面ですね。これを作っていきます。そして自動処理機能を作っていくことができるわけです。開発といっても敷居は低くすぐに作り始めることができるのがFileMaker の特徴です。また共有する、あるいは単体利用する。つまりどのように運用・展開して利用するかといったことを考える時に利用できるのが FileMaker Pro共有サービス、つまりホストとしての機能とそしてそのホストに接続するためのFileMaker Pro クライアントアプリケーションといった機能も備えているわけです。クライアントサーバー型なんていい方がされます。これが共有ですね。そしてデータを入れるわけなのですがデータの作成をしたり変更をしたり削除するといったこれらのことを安全に確実に格納して守っていく仕組みそして一括に取り込みをしたりデータの書き出しをしたりといったことこれらがデータベースを管理するといった機能の基本になるわけです。 FileMaker Pro15 で作成したデータベースファイルの拡張子は.fmp12 です。OS10 と Windows、どちらの OS で作成されたファイルでもその両方の OS から開いて使用することができます。これまでのことをまとめると完成した FileMaker のファイルはカスタムアップとしてデータを入力できる器となるだけではなくこれらデータベースに必要なほとんどすべての仕組みが入っているということになります。このレッスンでは FileMaker Pro はどのようなアプリケーションなのかFileMaker Pro の基本の概念について説明しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。