FileMaker Pro 15 基本講座

ファイルの開き方と起動センター

全388コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
FileMaker Proでローカルあるいは共有されたファイルを開く方法と、起動センターについて学びます。
講師:
04:48

字幕

FileMaker Pro でファイルを開く方法と起動センターについて説明します。FileMaker Pro を起動すると評価版をご利用の場合は、このように評価版の確認の画面が出て「FileMaker Pro を試用」をクリックすると「始めましょう」が表示されます。製品版を購入されると、この「始めましょう」は表示されず閉じます。このように「起動センター」といったものが表示されているでしょう。この「起動センター」を使ってローカルにあるファイル、或いはFileMaker 共有で共有されているホストからのファイルを共有して開く、いずれかが可能になります。ローカルのファイルを開く「ソリューション」とある、こちらのパネルをクリックして表示しているとここには「お気に入り」というメニューが、今、見えています。また、下の方に「参照...」と「新規...」の2つのボタンが並んでいますが「参照...」をクリックするとこのようにローカルのファイルを開く為のファイル選択画面が出てきます。ここから目的のファイルを選択して「開く」とこのようにそのファイルを開くことができます。一旦、閉じます。もう一度、「ファイル」メニューから「開く」を選んでみます。 やはり「起動センター」が表示され今度は、「お気に入り」の下に「最近使った項目」というメニューが表示されていてそこに、今、開いたばかりの「コンテンツ管理」が見えます。こちらの方に、「お気に入り」「最近使った項目」という、この2つが、常に表示されるのですがもう1つ別のソリューションを開いてみます。例えば、「応用テンプレート」というこちらのフォルダーから「会議」を開いてみます。そして閉じます。もう1度、「ファイル」の「開く」を開いてみましょう。今、開いた「会議」というファイルが「最近使った項目」に追加されました。いずれか、これからずっとまた簡単に開きたいという場合はこれを「お気に入り」に入れることができます。「お気に入り」に入れる場合はマウスをかざすように、マウスオーバーしてこの左上に表示される星のマークをクリックすることにより「お気に入り」に登録されたことになります。このまま終了してもう1度「ファイル」の「開く」で「起動センター」を開くと今度は「お気に入り」に、今、登録した「会議」というファイルが表示されるようになりました。また、ローカルのファイルを開く方法としては一旦「起動センター」を終了します。 直接 Finder のファイルをダブルクリックすることでも勿論、開くことができます。閉じましょう。「ファイル」の「開く」でもう1度開きます。このように、「最近使った項目」にもう1つ「目録」というファイルが追加されました。また FileMaker Pro 或いは FileMaker Server で共有されているファイルを開く場合こちらの「ホスト」のパネルをクリックし今回は FileMaker Server を用意してありますのでその目的の Server をクリックします。開こうとするファイルの認証をまず、入れてすると、目的のファイルが表示されますのでこれを選択して「開く」をクリック。今度は、そのファイルのパスワードを入れるとこのように、FileMaker Server で共有されたファイルを開くことができました。ここに FileMaker Server の名称が表示されていますのでローカルのファイルとの違いがすぐに分かります。こちらを閉じてもう1度「起動センター」を開きます。FileMaker Server で開かれた場合はその Server の名称がここに、表示されます。このレッスンでは、FileMaker Pro でファイルを開く方法と起動センターについて説明しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。