近日弊社のプライバシーポリシーが更新されます。プレビューをご覧ください。

FileMaker Pro 15 基本講座

対象レコードを操作する

全438コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
対象レコードは、その先のアクションにつなげるためにあります。レコード操作の基本となります。思い通りに目的の対象レコードを作れるようになりましょう。また現在のレコード位置をわかりやすく表示する設定も学びます。
講師:
05:07

字幕

対象レコードの操作および、考え方について紹介します。目的のレコードを探すのに、目的の条件を指定しづらい場合があります。まず1つの例として、東京以外の男性で対象レコードを作りたいとします。そうしますと、まず「東京以外」という条件は作りにくいのでここで東京都だけの対象レコードを一旦、作ります。「東京都」の値を持つ行をここの「都道府県」でクリックしてコンテキストメニューから「一致するレコードを検索」を選択します。そうすると、今、この対象は東京都だけのレコードになりますがここで対象外のレコードを表示するためにこの対象外を切り替える円グラフをクリックして対象外を表示します。この中から、目的の性別、男性といったものを検索すれば良いわけです。「男」という値を持つフィールドにクリックしてそして、もう一度コンテキストメニューから今度は「対象レコードの絞り込み」というメニューを選択します。これにより、先ほどの東京以外のレコードの中から「男」という値を持つものを絞り込んで検索したことになり結果的に目的のものが検索できました。対象レコード、対象外のレコードは背中合わせになっているだけですので目的のレコードを探す時にその逆の発想をするのも1つの手段です。 次に、今、このレコードには検索となる基の情報が無いとします。つまり、手元に同様のデータがありそちらの紙には情報がありそれを基に判断しながら、今の対象レコードを作りたいといったような状況です。一旦、もう少し少なめにレコードを絞り込みたいのでこの中から「茨城県」で「対象レコードの絞り込み」を選択します。すると 174 件。今度は、見比べる手元の資料と同じ順番に並べたいと考えるかもしれません。例えば、ふりがな順。そのために一旦、ソートを実行します。「ふりがな」を項目に指定して「ソートを実行」すると、あいうえお順に並んだはずです。これで、レコードを先頭の行に移動しておきましょう。この状況で手元の資料と照らし合わせながらある程度、状況を見て不要なレコードを見つけたらそれを選択し「レコード」メニュー>「レコードを対象外に」を選択します。すると、対象外の方にレコードが移動しました。この様にして、レコードを間引きながら対象レコードを作るといったことが可能です。また、ここから並び変えましたので「い」の付く人をここから数えて何件か決まっていたとします。この複数を、一気に対象外に持って行くこともできます。この場合、今 10 件目から次は 20 件ですね。 20 件目までを対象外に持って行きたいとする、その場合に、「い」で始まるこの 10 件目のレコード位置にカーソルを持って行き「レコード」>「複数レコードを対象外に」このメニューを選択します。現在のレコードから数えて11 件ですかね?レコードを対象から除外します。すると「い」を含むレコードは対象外に移動しました。このようにして、必要、不必要といったものを任意にピックアップして対象外へ移動していくことによって残ったレコードが対象レコードとなっていくわけです。もう1件ご紹介します。例えば、よくあるのですが一旦、全てを表示します。今、見えているこのレコードのこれ1件だけあるいは、これと1個飛ばしたこの2件だけを例えば、絞り込んで印刷したいとかその様な要求がある場合に一旦、全てを表示した上で目的のレコードを対象外へ移動します。もう1件、別のものがあるのであればそれも対象外へ移動します。すると、たった2件ですがこの対象外と切り替えるとこの様に目的の2件が絞り込まれた状態になるというわけです。対象レコードの操作および考え方について紹介しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
講師:
発売日:2017年02月03日
再生時間:9時間51分 (99 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。