FileMaker Pro 15 基本講座

索引と検索条件

全413コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
検索には索引が必要です。索引が作られると早く目的のレコードを特定することができます。索引の仕組みと検索の関係について学習します。
講師:
05:18

字幕

このレッスンでは索引とは何かまた FileMaker の索引と検索について学習します。索引とはみなさんが書籍の一番最後のページで見るあれと同じです。何かキーワードをもとに目的のページを探したい時あの索引をたどって私たちは簡単にページ番号を知ることができるわけです。データベースシステムも同じように索引といったものを作りそれを利用して検索を高速に行います。FileMaker のデータベース管理の各フィールドの「データの格納」というタブに来るとここに索引という関連する設定項目があります。すべてのフィールドはデフォルトで索引設定「なし」、「必要時に索引を自動設定」のチェックがオン、このような状態になっています。多くの場合、ここの設定を変更しなければならないことはありませんし、まずここにあるということだけ知っておいてください。そしてここでこのように都道府県といった所に「索引設定済」といったようなキーワードがあります。先ほどのチェックで自動作成のオプションがオンになっているがためFileMaker は索引を必要とするときに自動的に裏で索引を作成し、そして利用しているわけです。そのようなタイミングが起きるとここで索引設定済みというふうになり、このオプションは「なし」から「最小限」あるいは「すべて」といったようなラジオボタンに自動的に変わっていることでしょう。 検索はテキスト、数字、日付、時刻について行いますがオブジェクトフィールドについては行いません。また格納オプションがグローバルの場合も検索は実行できませんので注意しましょう。では、索引がいつ作られどのような所で見ることができるのかといったお話なのですが、作られるタイミングはFileMaker が検索を必要とするときあるいはリレーションで照合キーを照合しなければならない時といったようなタイミングが挙げられます。ここで検索モードに移動して例えば「携帯」といった所にはキャリアの名前が入っているのですがここにどのような値が入っているのかわからないと検索もできません。そのようなときに「挿入」メニューに「索引一覧」といったものがあるのでこれを利用してみましょう。これを選択するとちょっとダイアログが大きいのですがこのような感じですね。まずここに今索引がこの瞬間に作られそして一覧を表示しています。ここで見えているのは値の索引です。索引の種類には値と単語があります。まずこの値のままで確認をするとこれらの5種類のものがあるのがわかります。この下にチェックボックスで「単語一語」と表示があるのでこれをチェックしてみましょう。 すると各値を単語に分割してまた索引を作ったのがわかります。ここで目的の行為としてはAT&T、Docomoいずれかの値をここで挿入して、そして検索を実行することですので検索を実行してみましょう。このような感じです。するともう一度、例えば先ほどのデータベースの管理に行き、携帯の所を見ると「索引設定済」となり、「最小限」にラジオボタンが「なし」から移動しているのがわかります。また FileMaker は検索をするときに言語に合わせてそれぞれ適切な配慮をしています。例えば日本語の場合は単語の区切りといったものが曖昧であることもあり、検索をするときにデフォルトで先頭から始まる索引ではなく中間位置といったその文字が入るものをすべて検索していきますが、英文字の場合は先頭から一致する値を探してきます。したがってデフォルトのふるまいが異なるということです。もう1つ、詳細のレイアウトに移動するとこの様に「備考」といったものを用意してありそして1件目にだけ長文を入れてあります。ここで検索モードに移動してもう一度索引の一覧を見てみましょう。この様に3行で区切られた文章が入っていましたので文章が3つ値として見えています。 これを「単語一語で表示」に切り替えると日本語の場合、この様に細かく単語が切り分けられている様子がわかります。この様に FileMaker は索引を利用する必要がありますのでもし非保存の計算タイプのフィールドだったりを検索する時も一番最初は索引を作成するので一瞬時間がかかるような場面があるかもしれません。このレッスンでは索引とは何か、また FileMaker の索引と検索の関係について解説しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。