FileMaker Pro 15 基本講座

Subtitute関数で文字を置き換える

全388コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
テキスト関数は、取得関数の次に最も多い関数のグループです。中でも文字例の一部を一括して置き換えるSubstituteは非常によく使われます。
講師:
05:00

字幕

このレッスンではテキスト関数の1つSubstitute の利用を解説します。テキスト関数はFileMaker の関数のグループの中でも最も多い取得関数の次に多い関数です。この中でもSubstitute という関数は非常によく使いますし、とても便利ですので覚えておくと良いでしょう。ここにある Substitute の内容は指定したテキスト内のすべての検索テキストの文字列を置換テキストで置き換えてくれます。構文としては基本この引数3つが必須なのですがこれの面白い所はこの3つ以外にさらに「この文字をこれに」というパターンをこの様に大括弧でくくって何回も後ろの方につなげていくことができます。その際の区切り文字はセミコロン、関数の区切りは全てセミコロンになりますがグループになってくるとその中をさらにセミコロンといった風に記述します。では実際に使ってみましょう。ここに「詳細」の文字列がありますがこの中で「カスタムソリューション」という表現が出てきます。あるいは「ソリューション」という表現も出てきます。これらを「カスタム App」という風に統一できればと考えます。ここにも「ソリューション」があります。 この2つを目的にしています。では、ここでは分かりやすい様に計算式のタイプでフィールドを追加してみましょう。計算結果を利用します。これで「作成」。計算の結果をまず最初にテキストで返すつもりですのでこれを変えておきましょう。「テキスト」のグループの中からSubstitute を選択します。ダブルクリック1つ目の「テキスト」は今の「詳細」のフィールドです。「検索テキスト」にまず、ここにある様に「カスタムソリューション」というキーワードを入れます。これを「カスタム App」というキーワードに変えます。これで、まず一度OK をしてみましょう。内容を確認しますので今作ったフィールドを配置しましょう。この辺りちょっと高さが必要ですね。これで良いでしょう。ここを見ていただくと「カスタムソリューションを」となっていた所は「カスタム Appを」と変わりました。もう1つ「ソリューション」というものがありましたので「カスタム」が付いていないのですがこれも変更したいとします。もう一度、修正しましょう。今の計算式の内容を引き続き複数のこの置換セットというものを作りたい場合にここを大括弧で、まず括ります。そして、これをつなげていけば良いということですので分かりやすい様に一度この様に改行を入れます。 最後の括弧も改行。そして1つ目のこの置き換えセットをセミコロンで入れてこれをコピーしてもう1行挿入しましょう。今度は「カスタム」を取ってただの「ソリューション」を「カスタム App」とすれば良いでしょう。一番最後のセミコロンは不要ですので取ります。これで OK をしてOK をして確認をすると1つ目の「カスタム App」は先ほどのものですが2つ目の「独自のソリューション」が「独自のカスタム App」という風な表現に変わりました。この様にして Substitute を利用するととても便利です。実際この値を置き換えたい場合はおそらくスクリプトステップなどでフィールド設定を行いその引数に今のような計算式を指定するといった風になるでしょう。このレッスンではテキスト関数の1つ便利に使える Substitute の説明をいたしました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。