FileMaker Pro 15 基本講座

オブジェクトを非表示にする

全388コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
特定の条件や計算によってオブジェクトを非表示にすることができます。たとえば、特定の質問に対するユーザの回答結果にしたがって、アンケートの特定のフィールドを表示または非表示にすることができます。
講師:
03:03

字幕

オブジェクトを非表示にする機能についてその使いどころと設定方法を説明します。このレイアウトで新規にレコードを作成してみます。するとこの様に売上伝票を入力するための最小限の項目がまず表示されました。お客様 ID を入れ、「売り上げ日」を設定します。するとこの様に明細を入力する項目が表示されました。ここで値を設定し、初めてこの「売り上げ額」といった項目が表示されました。ここでレコードを1件削除すると今の「売り上げ額」は表示されません。つまり明細行が存在すれば「売り上げ額」が表示されている、といったようなことになっています。これらの仕組みについてレイアウトモードに行って見てみます。この機能はこのバッチで表示されていますがこの目のバッチの上をマウスオーバーすると、この様に「次の場合にオブジェクトを隠す」という設定内容と条件が表示されました。実際はこのオブジェクトを選択し、インスペクタのデータタブ、そして「動作」の中の一番上、ここに次の場合のオブジェクトを隠すという設定があります。計算式でこの様な内容が設定されていました。つまり売り上げの日付あるいはお客様の IDこれのいずれかが空っぽであったらこの論理値は真となります。 そしてオブジェクトが隠れるといった設定になっていたわけです。この売り上げの額についても条件が設定されています。内容は売り上げ伝票の明細 ID がなかったらつまり1件も存在しなければこれは隠すといったような設定になっていたわけです。もう1つ、この「オブジェクトを隠す」というメモについて、これは単純なテキストのオブジェクトですがこれにも条件式が設定されています。「次の場合にオブジェクトを隠す」で「1」とだけ入力してあります。この条件は常に真という意味ですので、論理結果は常に判定が正となりますので常に隠れるわけなのですがレイアウトモードではその条件を判定しません。したがってブラウズモードに行った時だけ常に隠れると行った結果になります。このレッスンではオブジェクトを非表示にする機能についてその使いどころと設定方法を説明しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。