2017年7月26日に弊社のプライバシーポリシーが改定されました。引き続きLynda.jp日本版をご利用になることによりこれらの文書に同意されたものとみなされますので、事前にご確認ください。

FileMaker Pro 15 基本講座

ポータルの基本機能と利用

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
ポータルは関連レコードを表示するためのレイアウトオブジェクトです。さまざまな基本機能を持っています。
講師:
05:26

字幕

このレッスンでは、ポータルの利用と基本的機能について説明します。ここに一般的な売り上げ伝票入力の画面が表示されていますが同じ画面を2つ別のウィンドウで表示しており、右側の方では、レイアウトの編集画面に移動しておきましょう。これによりレイアウト操作で変更した内容をすぐに左側のブラウズモードで確認することができます。基本、ポータルというレイアウトオブジェクトは関連先のレコードを表示するためのものです。ポータルの設定をダブルクリックして開くとここに関連レコードをどこから持ってくるのかといった設定があります。現在のレイアウトはここの「売り上げ伝票」といったものがテーブルオカレンス、割り当てられてるわけですがそれに関連した明細といったものを今は表示していることがわかります。さらに「垂直スクロールを許可」、こちらの方の設定がありますのでまず垂直スクロールを許可してOK を押してみます。で、ブラウズモードで保存をすると、この様に垂直スクロールが出てくる様になりました。これにより、今、表示されている様子よりもたくさんのものがある場合にスクロールして確認することができます。次にポタールの行数を6行と変更して保存してみましょう。 すると、この様に行数が6行まで部品として表示されるようになりました。この行数についてですが、ポータルオブジェクトはちょっと変わっていてこのオブジェクトに対してインスペクタの「位置」のタブで「自動サイズ調整」で下も伸びるという風に設定をしてみます。これでレイアウトモードの保存をするとこの様にレイアウトオブジェクトのポータルはもっと中身が表示することができるように行数を自動的に増やしました。この様に、自動サイズ調整というのはポータルに関しては中身の各1行のオブジェクトのどれも下に自動サイズ調整するといったようなものがなければポータルの行数を増やしてくれるといった作用になります。次に、このポータルに表示されているレコードの並び順を一時的にこのポータルで変えたいといったような場合、例えば、この数量の数によって多いもの順にこれを表示したいとします。その場合はポータルのオブジェクト側の方でも設定することができます。1つ目の「ポータルレコードのソート」このチェックをオンにするとソートの条件を指定することができ、数量といったものを右側に移動して、これを逆順、「降順」といったような指定にします。これでレイアウトを保存するとこの様に数量が一番大きいものが一番上に来ました。 次にポータルレコードのフィルターの機能について紹介します。この機能はここに表示されているものはリレーションシップのリレーションの条件によって絞り込みがされているわけですがさらに、その表示されているもののうち一部だけを表示したいといったような場合にここで計算式で設定することができます。例えば、ここに数量がありますが数量が1桁のもの、つまり9よりも数字が小さければそれだけを表示するといった風な条件を設定してみます。数量が < 10 という風に設定をするとレイアウトを保存します。この様に、9以下の数量のポータル行だけが表示されました。今、設定したフィルターの条件は特に便利な例といったわけではありません。ただポータルレコードのフィルターの機能について注意する点があります。この売り上げ額といった金額については元々関連先として表示されていた6件の合計額を指し示しています。従って、リレーションシップで定義された内容が変更されたわけではなく部品上の見た目で表示する件数が一時的に変更されているだけであるといった点に注意をして下さい。次にポータルで自動的にレコードを作成する、この最後の追加の1行ですが、これについてはポータルオブジェクトの設定ではなくリレーションシップの設定になります。 リレーションシップのグラフで、これに関連する設定を確認しておきましょう。データベースの「リレーションシップ」ここで伝票のリレーションシップを確認します。売り上げ伝票と明細の間のこのリレーションシップはここのチェックがオンになっています。つまり、レコードの作成を許可という設定がオンになっているため先ほどのここで追加行が存在するわけです。あのチェックボックスがなければこの白い追加行は表示されません。このレッスンでは、ポータルオブジェクトの基本機能について説明しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。