FileMaker Pro 15 基本講座

タブコントロールで情報を整理する

全413コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
目的に合わせて情報を見やすく配置したレイアウトを作るときには、複数のパネルを使用できるタブコントロールを利用します。
講師:
06:15

字幕

このレッスンでは、タブコントロールの使用方法について説明します。どのような画面サイズでレイアウトを作成するのかといったような前提で違いますが画面に沢山の情報を表示するようになってくるとその中で整理して見やすく作るといったことが難しくなってきます。そのような時に画面を分割するといったような方法もありますがタブコントロールを利用すると良いでしょう。この画面では商品を管理するものを見ていますが1つの商品に対して過去に見積もりをしたことがあればその見積もりをこのポータルで表示しています。そして、その中では注文があったもの、それからなかったものが混在しています。見やすいように、注文があったものだけにフォーカスして情報を見れるように別のポータルを用意してあります。レイアウトモードに行って少しだけ仕組みを見ておきましょう。データベースの管理でリレーションシップを少し見ておきます。今商品管理ですがこの商品の「ID」は見積明細の中で使われていますので「ID_商品」と紐づいています。そして各見積明細はその先に親となる見積情報があります。そこで見積情報の外部キーと見積情報の主キーが結びついて今ポータルに表示しているのはこのソーステーブルが見積情報というテーブル下ですぐ見ていた訳です。 この見積情報の上の方は特にポータルレコードのフィルターは何も指定していませんが下の方のポータルでは注文があったものだけというレコードを絞り込みしたいためこのように条件文を入れてあります。では、このポータルのレコードについては今限定された行だけが表示されますしこれを分割して違うタブコントロールに入れたいと思います。ここにタブコントロールを使用しそして1つずつパネルにこれらの情報を切り分けて入れましょう。一旦これらを大外から選択してレイアウトの外に配置します。そしてここからタブコントロールを選択し全体に渡って大きな領域をドラッグ&ドロップして書きました。1つ目のタブには「過去の見積」というタイトルでタブを1つ作り2つ目には「注文となった見積」というタイトルで、もう1つタブコントロールのパネルを作りました。このまま OK を押してこのように2つのパネルができました。では、右によけておいたこの「過去の見積」といったグループのオブジェクトに対して複数選択をし「過去の見積」のパネルに配置します。そうすると、もっと行数を表示することができますのでここを 10 行としておきましょう。「注文となった見積」のパネルを前に出し同様に、もう1つのポータルのこれらのレイアウトオブジェクトをやはりこちらのパネルの上に置きました。 こちらも 10 行まで行数を増やしておきます。ブラウズモードに行くとこのように、「過去の見積」それから「注文となった見積」といった風に2つのパネルに情報を分けることができるようになりました。ここに、もしもう1つパネルを表示したかったという場合はダブルクリックをしてもう1つ、例えば「商品の写真」といったものを作ってみましょう。これについては1番先頭に移動するといったこともこの上下の矢印キーでできます。これで OK をして1番前のここに商品画像については大きく表示したいと思いますのでこのように大き目に表示をしてみましょう。そして保存をします。すると、このように商品の写真が先頭で見えるようになりました。ところが、「一覧へ」行って「詳細へ」また戻ってくると「過去の見積」が常に手前に来るようになっています。常に手前に来てほしいのは商品の写真だとするとそこの設定を変えましょう。タブコントロールをダブルクリックして「デフォルトのフロントタブ」が最初に作成した時の「過去の見積」のパネルになっていますのでこれを「商品の写真」に変えます。また「タブ揃え」は「左」側に寄るようになっていますがこれも「両端揃え」としてみましょう。 これで OK をしてブラウズモードで見ます。両端揃えとすることによってタブコントロールの全般に渡って3つのタブパネルが均等に並ぶようになりました。また一旦「一覧へ」移動して詳細に戻ってくると最初のデフォルトのフロントタブパネルは商品の写真に変わったことが分かります。このレッスンでは、タブコントロールの利用について説明しました。

FileMaker Pro 15 基本講座

FileMaker Proは特に開発の経験がなくてもアイデアをすぐに形にできます。このコースではFileMaker Proの基本操作はもちろん、データベースの仕組みからリレーションシップの作成や、コンテキストの概念などについて基礎から学習します。また美しいレイアウトの作成や操作性を向上させるためのさまざまなコツも紹介します。

9時間51分 (99 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2017年02月03日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。