衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

エッジをトリム

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
隕石の落下部分の割れ方をリアルに仕上げます。
講師:
07:10

字幕

この動画では落下した隕石の周りを もっとにリアルに割れたような形に 加工していきます。 現在、まあ綺麗にタイルをはがしたように ありえない形で隕石がはまってるので これを衝撃でバリンと 割れたような形に直していきます。 でですね、この隕石のレイヤーなんですけど 既にレイヤーマスクが作られてるので この部分を描画色、黒で ブラシで塗っていくことで この端を加工していきます。 まずは、大雑把に行きましょう。 ブラシサイズ 100 ぐらいにして そしたら、このブラシで 周りを不揃えな形に削っていきます。 ここはもう、大雑把で結構です。 こんな形で 真っすぐにならないように 多少もう 凸凹を付けながら こんな形ですね。 あとこっちのホームの間際のほうも これも この石を削っちゃわないようにして 隕石を削らないようにして こっちの地面を削ることで こんな感じにむき出していきます。 面白いですよね、本当は このホームの石がめくれて 下地がでてるはずなんですけど 逆に、この下地の素材を削って このめくれた感じを 出しているという 現実というか、本当とは逆の やり方ですよね。 こんな感じに柔軟な発想をするのが 大事ですね。 概ねこんなもんでしょうか。 こんな感じで行こうと思います。 でですね、まだこの状態だと 周りがあんまり割れたっぽくなってないので ちょっとブラシを持ち変えます。 そしたらですね、このちょっと 尖ったような筆ですね。 この辺使ってみましょうか。 そして、大きさももっとちいさくして 25 ぐらいにしときましょうか 4分の1ぐらいにして では、アップします。 そして、さっきのブラシで 続きをやっていきます。 こういうものでやると この、もやっとしてる所が ちょっと不揃えな形で 適度に割れたような感じになってきますね。 こんな感じで、できます。 大分違いますよね、 こっちの方のもやっとした所と 比べると 割れてる感じがだいぶでると思うので 全体をこんな感じにしていきます。 まあ、あんまり揃っちゃった感じに ならないように この辺も がしがしがし、と どんどん削っていきます。 もう大したもんで 形が変わっただけで一気に 穴っぽさが増してきますよね。 もうこれも本当に ちょっとラフにやっちゃった方が むしろそれっぽくなるので もう直感的に がちがちがちと削っていく感じで 持ってきます。 こっちの方も こんな感じですね。 これですね、例えば ペンタブレットとかでやると またちょっと違った筆圧も 含んだニュアンスも付けれたりするので もしそういうのを持ってたり 使ってるよ、という方は応用として それ使ってもらってもいいですね。 まあマウスだけでも 今マウスだけでやってますけど 十分やることは可能ですね。 こういう所も、こう不揃いにしていくと 大分割れた感じになりますよね。 こちらは終わりですね。 こんな形で ぎざぎざぎざと やっていって こっち側できましたね。 あとホーム側だけ残っているので 引いてみると、大分 割れた感じになりましたよね。 じゃあ今度こっち側 やってみましょう。 この辺も ブラシで はっきりしちゃわないですね。 こんな感じで 割れた感じを出していきます。 こっちも もうちょっとですね この辺を削ってあげながら これで OK ですね。 こんな形でできました。 大分、もう形が割れた感じで 不揃いになって 隕石の衝撃で割れた感じが 出たと思います。 あと、もう一点だけ こっちの方ですね。 淵がちょっと甘いかな という感じがするので ちょっとだけ書き足してみましょう。 では、レイヤーを 「新規レイヤー」一枚作って で、またブラシですね。 またこっちの通常のブラシに持ち替えて 直径を小さめですね。 もうかなり小さいこれぐらい 12 ぐらいの直径でやりましょうね。 じゃあ不透明度も 30% ぐらいで、黒で これを選んだら、この淵の所ですね。 こんな感じで 軽くなぞっていくような感じにすると どうですか、これをやっただけで 大分違いますよね。 もうやっただけで かなり割れて 厚みがあるものが割れてる感じになります。 面白いですよね、この線一本で ちょっとしたブラシの作業一個で この辺特に顕著だと思いますけどね。 これ入れただけで大分 割れてる感じが増してきますね。 こんな形で 角度的にこっちの方は 要らないですね。 この辺で OK なので こうすると もう、穴ががしっと 空いた感じになりましたね。 こんな感じで 穴の形を不揃いにしてあげて リアリティを強めていきます。

衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

このコースでは3Dソフトで作成した画像、ブラシによる描画、写真などさまざまな素材をPhotoshopで合成して1枚の絵のような写真を仕上げるためのさまざまなテクニックを学習します。紹介されているテクニックをマスターすれば、写真の合成はもちろん、イラストやマンガを描いている方も豊かな場面効果を自由に作れるようになります。

2時間23分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。