衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

人物を配置する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
地下鉄構内と外に人物を配置します。
講師:
05:40

字幕

このビデオでは、地下鉄の構内に 人間を配置してみましょう。 それでは、アセットを開きます。 「ファイル」>「開く」から、 まずは numberofpeople1.psd というファイルです。 これを開きます。 そうすると、もう切り抜きが終わっている 男性の写真が出てくるので、 これのタブをクイッとやって切り離します。 そうしたら、「移動」ツールですね。 これを使って、この男性の所を ドラッグ&ドロップでこっちに持ってきます。 そうすると、こんな感じで出て来ます。 まだ、ちょっと大きすぎますね。 大きすぎるので、 「自由変形」を実行して、 この状態で Shift キーを 押しながらドラッグしていくと、 ちゃんと比率を保ったままで、 縮小していくことができます。 それでは、大きさとしては大体、 目安としてこんなもんですね。 この向こう側の柱よりも ちょっと下に頭が行くぐらいにして、 足はこの辺に来て、 これぐらいなら バランスがとれるかと思います。 これでダブルクリックします。 ちょっと拡大して見ると、 こんな感じですね。 これで1人目が終わりました。 では今、これがマスク付きの レイヤーとなっているので、 これはこっちから、 「スマートオブジェクトに変換」して しまいましょう。 これで1個のレイヤーとなりました。 そしたら、次の人物を配置しましょう。 「ファイル」>「開く」から、 今度は numberofpeople2.psd です。 これを開きます。 今度は女性ですけど、 また、タブを切り離して、 そして、ドラッグ&ドロップで こちらに持って行きます。 そうすると、この様なパーツになりますね。 そしたら、この方は どこに行ってほしいかというと、 穴の上から「大変だー!」って、 覗いている人をやって欲しいんですね。 なので、まずはですね、 この穴のマスクの後ろに行ってもらいます。 そして、ここにトーンカーブの 調整レイヤーがありますけど、 これは、この空の色を調整しているので、 この後ろに行っちゃうと、 この人の画も色が変わってしまうので、 その後ろに行かないように。 この穴とトーンカーブの間のところですね、 そこに持って行きます。 では、スクロールさせてきて、 ここに入れます。 そうすると、ニョキッと、 こんな感じで覗くことができるので、 ではまた、「編集」>「自由変形」ですね。 それで Shift キーを押しながら ドラッグしていきます。 だいぶ小さくしてしまって構わないですね。 この辺に覗かせながら、 もうちょいですかね。 もう少し、気持ち ... こんなもんでしょうかね。 これで確定すると、 上から覗きこんでいる画となりました。 これで、キーボードの カーソルキーで微調整できるので、 これで、上からのぞいている人と、 下から見上げている人の 2パターンができました。 そして、外が雲だけというのも ちょっと寂しいので、 外は別の建物が建っているといった 雰囲気を出してみましょう。 「ファイル」>「開く」から、 numberofpeople3.psd ですね。 これを開きます。 そうすると、こんな レンガの柱みたいなのが出てくるので、 これをレイヤーを切り離して、 ドラッグ&ドロップで こちらに持ってきます。 警告が出ますけど、 これは OK で大丈夫ですね。 そしたら、これは既に 穴の後ろの所に来ていますね。 そして、こちらの方に出すと ニョキッと、 こんな感じで見えるようになっているので、 また、こちらも 「編集」>「自由変形」で、 大きさを小さくします。 そして、この辺から出してみましょうかね。 こんな雰囲気で、 こっちから覗くようにしましょう。 これで1回確定して、 どうしてもはみ出してしまうので、 これはブラシで直しましょう。 これも、もうマスクが作ってあるので、 この部分をちょっと拡大して、 このマスクを選んで、そしてブラシですね。 この大きさを、ある程度のものにして、 マスク上のこの部分ですね。 これを塗ってしまえば、 余計な所は無くなります。 そして、この女性と壁も、それぞれ 「スマートオブジェクトに変換」しておくと、 マスクと本体が1つになります。 これで、人物2人とオマケの外の壁の 配置が終わりました。 これを更に質感を深めていきます。

衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

このコースでは3Dソフトで作成した画像、ブラシによる描画、写真などさまざまな素材をPhotoshopで合成して1枚の絵のような写真を仕上げるためのさまざまなテクニックを学習します。紹介されているテクニックをマスターすれば、写真の合成はもちろん、イラストやマンガを描いている方も豊かな場面効果を自由に作れるようになります。

2時間23分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。