衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

ブラシを作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
駅構内にたちこめる煙を塗るためのブラシを作成します。
講師:
02:59

字幕

このビデオでは駅構内に立ち込める 煙を作る為のブラシを作ってみましょう。 では素材を開きます。 「ファイル」>「開く」> brush.jpg というアセットを開きます。 するとこんな雲の写真が出てきます。 描画カラーは白にして ブラシはちょっと大き過ぎるので これ位の大きさにした上で 雲の周囲を塗っていきます。 最初は不透明度50%位にして 周囲が塗り残しが無いように 特にこの角と辺の所を 塗りつぶしの薄い所があると 変な線が出てしまうので 特にこの辺が こういう角とそれぞれの辺が 残らないように 念入りに塗ってあげます。 こんな雰囲気ですかね。 横の方も何回か擦って こんな風にして 真ん中の方に雲が残るような感じですね。 これを作ってあげます。 「イメージ」>「色調補正」> 「彩度を下げる」を実行すると 完全なグレースケールになります。 また「イメージ」>「色調補正」> 今度は「レベル補正」を実行して こっちのスライダーを このヒストグラムの端の方にもってきて ちょっと濃過ぎるのでこの真ん中を 幾分こっちに寄った位 これ位にしてあげると 丁度良いかと思います。 「OK」します。 「編集」>「ブラシを定義」を実行すると この画像がそのままブラシになります。 「OK」すると このようにブラシの形 このぴったりの形ですね。 この状態で こっちの画像の方に移ってきます。 新たにレイヤーを作って 不透明度50%で色を白にして 試しにこの辺をワンクリックしてみると こんな感じにモクッとしたものが出ましたね。 Mac の方は Command Windows の方は Ctrl+Z を押すと 消えますね。 こんな感じでこの作ったブラシで この後煙を塗っていきます。

衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

このコースでは3Dソフトで作成した画像、ブラシによる描画、写真などさまざまな素材をPhotoshopで合成して1枚の絵のような写真を仕上げるためのさまざまなテクニックを学習します。紹介されているテクニックをマスターすれば、写真の合成はもちろん、イラストやマンガを描いている方も豊かな場面効果を自由に作れるようになります。

2時間23分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。