衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

Camera Rawフィルター

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Camera Rawフィルターで、画面全体のトーンをコントロールします。
講師:
03:13

字幕

このビデオでは 画面全体の微調整を行って 最終的な仕上げを行います。 これで合成の作業は 一通り終わったので 最終的な質感をコントロールして フィニッシュとしたいと思います。 まずすべてを選択します。 画面を一括して変更したいので レイヤーが一杯ある状態では 不都合なので 一個にまとめたいと思います。 ただまとめてしまうと 変更はできないので 今見えているものを 新たに一枚のレイヤーとして 調整していきたいと思います。 編集のメニューから 「結合部分をコピー」 これを実行します。 そしたら続けて編集で「ペースト」 これを行うと、レイヤーが一枚できました。 このレイヤーが全部の画が 一枚にまとめられたレイヤーです。 なのでこれにフィルターをかけると 画面全体に均一に効くということです。 では全体の調整に使うのはフィルターの 「Camera Raw フィルター」 これを使ってみましょう。 Camera Raw フィルターは 一眼カメラで撮った Raw ファイルの現像と同じようなことを 普通の画像に対してできる というツールです。 まず使ってみようと思うのが この「明瞭度」というやつです。 これを右方向に動かします。 見ていてください。 こんな感じで細部の ディテールの部分の質感が グイッと前に出てくるような感じになります。 これをオンオフしてみると だいぶ違いますね。 グイッと引き締まって渋い感じになるので こうした感じの画作りには かなり向いていると思います。 そしたら次は ここのアイコンですね。 「 HSL / グレースケール」という所を クリックすると 色ごとのバランスを調整できるので 軽くグリーンを調整すると なんとなく黄色がかった感じがするので もう少し統一感を出すために グリーンを強くして イエローもグリーンの方面に こんな感じにすると 色が引き締まりましたね。 前後を比べると、かなり違うと思います。 OK をクリックして 一気にグイッと引き締まりましたね。 これで完成とします。 さあいかがでしたか。 色んな素材を使いましたが 最終的に元の画からは 想像もつかないような 非常に非日常的な光景となりました。 皆さんも色んな素材を使って こういう合成に どんどんチャレンジして いただきたいなと思います。

衝撃の隕石落下!Photoshopで作る間一髪の光景

このコースでは3Dソフトで作成した画像、ブラシによる描画、写真などさまざまな素材をPhotoshopで合成して1枚の絵のような写真を仕上げるためのさまざまなテクニックを学習します。紹介されているテクニックをマスターすれば、写真の合成はもちろん、イラストやマンガを描いている方も豊かな場面効果を自由に作れるようになります。

2時間23分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。