スタート!CSS入門

CSSにできること

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
まずはCSSにできることを理解しましょう。シンプルなサンプルサイトを基に、CSSとは何か? CSSを使うとどのようなことができるようになるのか? について、紹介します。
講師:
02:52

字幕

このレッスンでは CSS とは何かCSS を使うと、どのようなことができるようになるのかについてシンプルな sample site をもとにご紹介します。CSS の正式名称はcascading stylesheets でその頭文字を全て大文字のアルファベットで表記してCSS と書きます。CSS は stylesheet という大きな仕組みの内の1つでもあるため単に stylesheet と呼ばれることもあります。では、具体的にCSS でどのような視覚表現が可能になるのか例を見てみましょう。画面では CSS を使わずにHTML だけでマークアップしたウェブページをウェブブラウザで表示しています。非常にシンプルな見た目ですが、どこか寂しい印象を受けるのではないでしょうか。それでは、同じ HTML に対してCSS を適用したウェブページを表示してみましょう。いかがでしょうか先ほどのウェブぺージと比較してheader 部分に背景色がついたり見出し部分が centering され文字色がついていることがわかります。このように、 CSS はウェブページに視覚的な表現つまり、見た目の装飾を付加するための言語です。 具体的には HTML でマークアップされた見出しや本文、画像表、リストなどに対してフォントサイズ、背景色、余白枠線などのスタイルを適用できます。今ご紹介したように、ウェブページを構成する主な言語としてHTML と CSS の二つがあげられます。HTML は文章の構造を定義する言語です。主に使われるものとして HTML5XHTML1.0, HTML4.01などがあげられます。CSS は文章に対して視覚表現、スタイルを定義する言語です。主に使われるものとして CSS3CSS2.1, CSS2 などがあげられます。このレッスンでは CSS とは何かCSS を使うとどのようなことができるようになるのかについてシンプルな sample site を見ながら学びました。

スタート!CSS入門

CSSはWebページに視覚的な表現、つまりスタイルを与えるための言語です。HTMLと組み合わせることで、より自由なデザインをウェブ上で実現できます。このコースでは初めてCSSに触れる方でも体系的な理解が得られるように、Web標準としての仕様の成り立ちからさまざまな文法、ボックスモデルなどの基本概念まで幅広い内容を解説します。

5時間21分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。