スタート!CSS入門

コーディング環境を用意する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際にCSSを記述するには、コーディング環境が必要になります。Windows、Mac、それぞれのOSについて、お勧めの環境を紹介します。
講師:
05:40

字幕

このレッスンでは実際にCSS を記述する際に必要になるコーディング環境についてウインドウズ、 Macそれぞれの環境で使えるおすすめのエディターをご紹介します。まずはじめにご紹介するのはチェコにあるJetBrains という会社が開発、販売している WebStorm です。WebStorm は強力な機能を持ちつつ軽快に動作する HTMLCSS, JavaScript のための統合開発環境です。統合開発環境とは editor や debug など複数の環境、機能をひとまとめにして利用できるようにしたソフトウェアの開発環境のことです。英語では integrated developmentenvironment と言われその頭文字を取って IDE と呼ばれることもあります。WebStorm は有料のソフトウェアでWindows, Mac, Linux に適用しています。WebStorm は IDE と呼ばれるだけあって非常に多くの機能を搭載しています。HTML 、 CSS などあらゆるコードが正常に書かれているかどうかをチェックしてくれるコード検査機能JavaScript などのプログラムスクリプトの動作をチェックするためのdebuger一度書いたプログラムの改善に便利なrefactoringHTML や CSS を高速に記述できる全コーディング、 emet のサポートLESS, SCSS, Stylus などCSS 拡張言語のサポート。 FTP やネットワークドライブとの同期、Git や subversion などのVCS 連携などです。また、その中でも注目するべき機能としてeditor で選んだ特定タグに適用されているスタイル一覧を表示可能という機能があります。また、 WebStorm の上位版の ID としてPHP storm 、 intelliJ IDEAというソフトウェアも用意されています。これらの ID は WebStorm がサポートしている機能に加えてPHP や Java など他の言語のサポートが追加されています。次にご紹介するのはオーストラリアのSublime HQ が開発、販売しているSublime Text です。Sublime Text は元々グーグルに在籍していたジョンスキナーというソフトウェアエンジニアがプライベートの時間を使って開発していたtext editor です。その後スキナー氏はグーグルを退職しフルタイムで Sublime Text の開発を始めたという歴史があります。概要を紹介しましょう。Sublime Text はコーディングに特化した高機能な text editor です。さきほどの WebStorm と比較するとIDE と呼ばれるほどの機能は搭載されていませんがコーディングを進めるために必要な機能は十分に詰め込まれてます。 Sublime Text は有料のソフトウェアで対応 OS はWindows 、 Mac 、 Linux です。また、 Sublime Text の特徴的な機能として複数選択および編集ができるという点があげられます。複数選択とは複数行にわたるコードの一部の箇所を選択しそれに対して同時に編集をかけられるという機能です。また、 Sublime Text 豊富なプラグインが用意されておりそれらのプラグインによって様々な機能を追加することができます。次にご紹介するのはオープンソースのコード editor Brackets です。Brackets はオープンソースで開発が行われていますが元々はアドビが次世代のコード editor として開発していたプログラムがベースとなっています。その経緯もあってアドビではBrackets の派生商品であるEdge Code CC という別製品をリリースしています。Edge Code CC はアドビクリエイティブクラウドの無償メンバーシップに加盟していれば今のところ無料で使うことができますがここではより利用しやすいBrackets の概要を紹介します。Brackets はオープンソースの軽量コード editor です。 IDE や text editor などと違って非常に軽快に動作するところが特徴です。Brackets は無料のソフトウェアでWindows 、 Mac 、 Linux に対応しています。また、これまで紹介したWebStormSublime Text と違ってBrackets についてはUser Interface が日本語に対応しているという点が大きな点と言えます。さらにアドビによる派生製品Edge Code CC が用意されています。この他にも IDE から text editor まで様々な製品が存在しますが機能や費用を比較して自分に合ったものを選択すると良いでしょう。ちなみに私は冒頭に紹介した WebStorm の最上位版である、 IntelliJ IDEA を使っています。まとめです。このレッスンでは実際に CSS を記述する際に必要になるコーディング環境についてWindows 、 Macそれぞれの環境で使えるお勧めの editor を三つご紹介しました。

スタート!CSS入門

CSSはWebページに視覚的な表現、つまりスタイルを与えるための言語です。HTMLと組み合わせることで、より自由なデザインをウェブ上で実現できます。このコースでは初めてCSSに触れる方でも体系的な理解が得られるように、Web標準としての仕様の成り立ちからさまざまな文法、ボックスモデルなどの基本概念まで幅広い内容を解説します。

5時間21分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。