スタート!CSS入門

URLおよびURI

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
主に画像ファイルなど、URI(URL)を値に指定するときは、url()関数を使用します。ここでは、url()関数の書き方や注意点について紹介します。
講師:
02:36

字幕

このレッスンでは CSS の値で URLを指定するときの書き方や注意点について紹介します。CSS ではその値として画像ファイルなど外部のリソースを使うことがあります。これをさして URI と呼びます。一般にウェブページや画像などウェブ上のファイルのアドレスをさしてURL と呼びますがURI は URL を含む様々な企画を包括する企画と考えましょう。ここでは便宜的にすべてを統一してURL と呼びます。CSS の値に URL を指定するときはURL 関数で URL を囲みます。具体的な例を紹介します。URL 関数では URL と書いた後にURL をカッコで囲んで入力します。URL の部分は相対パスや絶対パスなどHTML でもおなじみの書式が使えます。この例では background-imageプロパティを使って背景画像に対してURL 関数をつかい1つ上の directory の中にあるimage's directory の中にあるbg.jpg という画像ファイルを指定しています。なお、 URL で相対パスを指定するときの基準はHTML ファイルではなくこの宣言が書かれてる場所になります。通常外部 CSS ファイルに記述した場合はそこが基準となりますので注意してください。 URL 関数の書き方は他にもいくつかパターンがあります。1番上は先ほどもご紹介した一番シンプルな書き方でURL 関数の中に URL を書きます。ここでは同階層にある screen.css を参照しています。そのほかのパターンとして単一引用符または二重引用符でURL をくくるパターンもあります。URL 前後の二つの引用符の種類は統一しなければなりません。このレッスンでは CSS の値でURL を指定するときの書き方や注意点について学びました。

スタート!CSS入門

CSSはWebページに視覚的な表現、つまりスタイルを与えるための言語です。HTMLと組み合わせることで、より自由なデザインをウェブ上で実現できます。このコースでは初めてCSSに触れる方でも体系的な理解が得られるように、Web標準としての仕様の成り立ちからさまざまな文法、ボックスモデルなどの基本概念まで幅広い内容を解説します。

5時間21分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。