スタート!CSS入門

フォントサイズ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フォントサイズを指定するには、font-sizeプロパティを使います。サイズは、長さやパーセント値の他に、絶対サイズや相対サイズで指定することもできます。ここでは、font-sizeプロパティの使い方について紹介します。
講師:
03:46

字幕

font-size を変えるには font-sizeプロパティを使います。このレッスンでは font-size プロパティの使い方について紹介します。font-size プロパティに使える値は絶対 size相対 size 、長さパーセント値です。絶対 size と相対 size については後程ご紹介します。長さは数値とその単位パーセント値は数値とパーセントで指定します。マイナスの値は使えません。なお、パーセント値や相対的長さを指定したときには親要素の font-size を基準として参照します。そのほかの仕様は御覧の表の通りです。では実際に CSS を書いてみましょう。編集画面とウェブブラウザを開きます。ここでは p 要素の font-size を大きくするようCSS を書いてみます。ウェブブラウザで表示されてるエリアとしてはこの部分が p 要素にあたります。CSS を書いてみましょう。p 要素にたいしてfont-size プロパティを使ってfont-size を 24 ピクセルに指定します。ウェブブラウザを見ると p 要素のfont-size が大きくなっていることが確認できます。さきほどパーセント値や相対的な長さを指定した場合は親要素の font-size を基準として参照するとお話ししました。 ここで試してみましょう。HTML を見ると p 要素の子要素として子供の要素として em 要素この要素があります。em 要素にたいしてパーセント値でfont-size を指定してみます。em 要素に対してfont-size プロパティを使ってfont-size を150 %に設定します。すると em 要素が継承しているfont-size は親にあたる p 要素の先ほど指定した24 ピクセルになりますのでその 150 %つまり 1.5 倍にあたる 36 ピクセルとして設定されました。次に他に使える値として絶対 size と相対 size について紹介します。絶対 size と相対 size ではこれらのキーワードが使えます。これらのキーワードはウェブブラウザによって計算される font-size を参照するものです例えば絶対 size では smallと指定することで通常の size よりも小さめの size を指定できます。ただしこれらのキーワードではウェブブラウザの実装によってfont-size が異なるためこのレッスンでは font-size を変えるfont-size プロパティの使い方について学びました。

スタート!CSS入門

CSSはWebページに視覚的な表現、つまりスタイルを与えるための言語です。HTMLと組み合わせることで、より自由なデザインをウェブ上で実現できます。このコースでは初めてCSSに触れる方でも体系的な理解が得られるように、Web標準としての仕様の成り立ちからさまざまな文法、ボックスモデルなどの基本概念まで幅広い内容を解説します。

5時間21分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。