スタート!CSS入門

表の基本概念

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表には複数の要素が入り交じっていて、他の要素と比較するとどのようにスタイルが付加されるのか、分かりにくい点もあります。ここでは、CSSで表にスタイルを付加するときの注意すべき点について紹介します。
講師:
02:41

字幕

表には複数の要素が入り混じっていて他の要素と比較するとどのようにスタイルが適用されるのかわかりにくい点もあります。このレッスンでは CSS で表にスタイルを指定するときの注意すべき点について紹介します。表は異なる6つの要素がレイヤーとして重なって構成されています。上のレイヤーが透明な背景を持つ場合はその下のレイヤーの背景が透けて見えます。レイヤーは下から表別グループ列、行グループ、行セルとなっており図で示したような要素でそれぞれ構成されます。次に表の列に対してスタイルを適用するときの注意点について紹介します。表のセルを構成する th 要素やtd 要素について直接スタイルを指定することができますがcolumn 要素column group 要素を使うと列に対してスタイルを指定できます。その際各プロパティごとにリストのような注意点があります。ボーダー関連のプロパティを設定するときは table 要素のborder-collapse プロパティの値が collapse の時のみこのプロパティのデフォルトの値はセパレートという collapse とは違う値になっていることに注意してください。背景関連のプロパティでは先ほど示した図のようにセルと行の両方が透明な背景のときのみ列の背景が適用されます。 width プロパティで幅を指定すると列の幅の最小値として適用されます。visibility プロパティの値をcollapse に指定するとその列のセルは表示されなくなります。また他の列にまたぐセルは切り取られたり列が取り込まれた分だけ表の幅も短くなります。このレッスンでは CSS で表にスタイルを指定するときの注意すべき点について学びました。

スタート!CSS入門

CSSはWebページに視覚的な表現、つまりスタイルを与えるための言語です。HTMLと組み合わせることで、より自由なデザインをウェブ上で実現できます。このコースでは初めてCSSに触れる方でも体系的な理解が得られるように、Web標準としての仕様の成り立ちからさまざまな文法、ボックスモデルなどの基本概念まで幅広い内容を解説します。

5時間21分 (71 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2014年11月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。