Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真の見栄えを簡単に調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブラリモジュールにおいて、暗かったりぼんやりした写真を簡単に修正することができます。手軽にライブラリモジュールだけで補正してしまいたい場合などに便利です。
講師:
04:31

字幕

ライブラリモジュールにおいて暗かったりぼんやりした写真を簡単に修正することができます。クイック現像パネルで自動階調を試してみてより明るくしたい場合やより鮮やかにするなど微調整が可能です。手軽にライブラリモジュールだけで補正してしまいたい時に便利です。ここでは、この様に暗い写真をライブラリモジュールの補正機能を使って簡単にこの様な明るい写真に補正します。まずライブラリモジュールのグリッド表示で補正したいサムネールをダブルクリックします。するとルーペ表示に切り替わって細部まで確認しやすくなります。次にクイック現像パネルを開きます。「階調の調整」の右にある「自動階調」ボタンをクリックします。すると Lightroom が写真の明るさを分析して自動的に適した明るさに調整します。この状態で満足のいく結果が得られればいいのですが写真によっても少し暗い印象が残っていることがあります。自動階調の結果に不満を感じる時は理想の明るさになるように手動で調整することができます。もう少し明るくしたい時には「露光量」の右向きのシングルの三角形ボタンをクリックします。クリックを重ねるごとに明るくなります。ここでは3回クリックしてみましょう。 一気に明るくしたい時にはダブルの右向き三角形ボタンをクリックします。ここでは2回クリックします。明るすぎた場合は逆に今度は左向きのシングルの三角形ボタンをクリックして調整します。ここでは3回クリックします。また、色が地味な場合は「自然な彩度」の右向き三角形ボタンをクリックして鮮やかさを加えます。ここではダブルの右向き三角形ボタンを3回クリックします。この様に鮮やかさが増しました。色がどぎつくなってしまった場合は左向きの三角形ボタンをクリックして戻していきます。ここではシングルの左向き三角形ボタンを3回クリックします。また、色味が傾いている時には「ホワイトバランス」で調整します。「プリセット」から「自動」を選択すると自動的に適した色味に補正します。更に細かい調整をしたい時には階調の調整の右側にある三角形をクリックするとこの様に調整できる項目が5つ追加されます。写真のメリハリが足りないという時には「コントラスト」の右向き三角形をクリックします。ここではダブルの右向き三角形ボタンを1回クリックします。暗い部分を明るくしたい時には「シャドウ」や「黒レベル」の右向き三角形ボタンをクリックします。ここでは「黒レベル」のダブルの右向き三角形を1回クリックすると暗い部分が明るくなりました。 更に Mac では Option キーをWindows では Alt キーを押すとこの様にシャープと彩度の調整ができるようになります。ここではシャープの右向きの三角形を1回クリックします。するとくっきりと仕上がりました。これで調整が完了しました。もし元の状態に戻したい時には「すべてを初期化」ボタンをクリックします。この様にライブラリモジュールでのクイック現像では本格的な現像を行う前に手軽に補正を試すことができるので便利です。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。