Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

ヒストグラムの見方と使い方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真をぱっと見たときに暗いなぁと感じると思います。何故暗いと感じるのかを、グラフ上から見て確認することができます。そのグラフがLightroomの右上にある山形状のヒストグラムです。
講師:
02:34

字幕

この写真はパッと見暗いなあと感じると思います。何故暗いと感じるのかをグラフ上から見て確認することができます。そのグラフが Lightroom の右上にあるヒストグラムです。写真はピクセルという小さな色の点が集まって構成されています。明るい色の点から暗い色の点など様々な色が集まっています。ヒストグラムでは色の点が集中してる部分の山が高くなっています。例えばこの様な暗い写真のヒストグラムを見ると山型が左側に寄っている傾向がみられます。ヒストグラムの左側は暗い部分を表し右側は明るい部分中央は中間の明るさを表すエリアです。このヒストグラムを見るとピクセルがヒストグラムの左側の暗い部分に多く集まっているため写真全体が暗くなって見えるということが判別できます。それだけではありません。Lightroom のヒストグラムでは山型の傾向を見ながら明るさと色を直接補正することができます。それでは、このヒストグラムでこの写真を明るく補正していきましょう。ヒストグラムは5つのエリアに分かれています。左側から最も暗い「黒レベル」次に暗い「シャドウ」中間の明るさの「露光量」明るい範囲の「ハイライト」最も明るい「白レベル」です。 これらのエリアをドラッグすることで該当する階調の明るさや暗さを調整できます。「黒レべル」を右にドラッグすると暗い部分が明るくなります。「露光量」を右にドラッグすると写真全体が明るくなります。「ハイライト」を左にドラッグすると明るい部分が暗くなります。また両端を拡げることでコントラストが高まります。この様にヒストグラムではヒストグラムの両端の偏りをバランスよく整えることで、写真の明るさ暗さを調整することができます。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。