Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真の明るさを簡単に調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真の暗い部分を、直接ドラッグして明るくする方法を解説します。
講師:
02:10

字幕

写真の暗い部分を直接ドラッグして明るくする方法を解説します。トーンカーブパネルを開きましょう。ここではカーブを自由に調整できるようにトーンカーブパネルの右下にある「クリックしてポイントカーブを編集」に切り替えます。トーンカーブの左下から右上に伸びる線をドラッグして写真の明るさを調整することができますがLightroom のトーンカーブには実はとても便利な切り替えボタンが付いています。トーンカーブパネルの左上にある二重丸のアイコンをクリックします。するとボタンが明るくなり上下に小さい三角形が付いていれば有効です。この状態で写真の暗い部分にポインタを合わせて直接上にドラッグするとこの様に写真の暗い部分が明るくなると同時に写真全体も明るくなります。トーンカーブの左下側つまり暗い部分の線上にポイントが追加されカーブも上向きに変わっています。今度は写真の明るい部分を下にドラッグします。これで明るい部分の詳細も見えるようになりました。後はトーンカーブを直接ドラッグしてなだらかな曲線になるように微調整することで自然な明るさの印象になります。この様にトーンカーブでは直感的な操作とトーンカーブで直接操作を加えることでより柔軟に理想的な明るさに導くことができます。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。