Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真の白飛びを解消する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
白っぽいと感じる写真は、ヒストグラムを見るとピクセルの山が右側に大きく傾いています。このような写真が白く飛んでしまっている部分をヒストグラムをヒストグラムで解消する方法を解説します。
講師:
02:35

字幕

写真の白く眩しくなっている部分を白とびと言います。白とびを起こしているかどうかをヒストグラムで確認することができます。ハイライトのクリッピングを表す三角形が明るくなっていると明るい部分のピクセル数が飽和状態になりこの様に赤い表示で白とびしている箇所を教えてくれます。ヒストグラムでは、この右側の傾いているピクセルの山を左側に移動させることによって白とびを抑えることができます。ここに誤ってカメラの露出を高めに設定したまま撮影をしてしまった写真があります。ヒストグラムを見てもわかるように右側のハイライトと「白レベル」の部分に山が傾き明るい部分が眩しい印象を受けます。この写真を本来の濃い青空に戻しコントラストがはっきりした写真にしていきます。ヒストグラムの「露光量」を左にドラッグして全体を暗めにします。次に「ハイライト」の部分もクリッピングの三角形が暗くなるまで左にドラッグします。これで三角形の部分が暗くなり白とびが解消され大分眩しさが抑えられました。所が今度は「黒レベル」のクリッピングが明るくなっています。これを解消していきます。「シャドウ」と「黒レベル」の部分を右にドラッグしてクリッピングを解消します。 更に「コントラスト」のスライダーを右にドラッグしてコントラストを高めて完成です。この様に白とびをしている場合はヒストグラムの右側に集中している山を左側に移動することで解消し明るさと暗さとコントラストを手動でバランスよく調整するといいでしょう。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。