Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真の小さい不要なものをきれいに消す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真に写っている、ゴミなど取り除きたい小さいものを、クリックして除去する方法です。ここでは「スポット修正ツール」を使って、周りのパターンを使って写真のゴミを取り除きます。
講師:
03:46

字幕

写真に写っているゴミなど取り除きたい小さいものをピンポイントで除去する方法を解説します。ここではスポット修正ツールを使って周りのパターンをうまく描き重ねながらこのように写真から取り除きます。スポット修正ツールは消しゴムのように消してしまうのではなく写真の他の部分を塗り重ねることで不要なものを目立たなくするというものです。塗り重ねながら周りの柄になじませて自然に消すことができるというとても優れているツールです。この写真の右下に注目すると白いゴミが落ちています。これを周りの模様をつかって塗り重ねて消していきます。まず消したい部分を拡大表示します。消したいものも含めてその周りも表示される位が適当です。この写真であれば「1×2」に設定します。ナビゲーターパネルで消したい部分が表示されるように枠をドラッグします。スポット修正ツールを選びます。サイズでブラシのサイズを調整します。このようにスライダーをドラッグして拡大や縮小をしてもいいのですがマウスのスクロールボタンを上下にスクロールさせることでブラシのサイズを調整することもできます。ここでは 83 程度に設定をします。ぼかしのサイズは50 程度に設定しておくとブラシの輪郭が滑らかになりより周りの柄と馴染みやすくなります。 この状態で消したいゴミをクリックします。すると自動的にこのようにソース領域の円形が追加されます。この追加されたソース領域が先程のゴミの部分に重なってゴミが見えなくなりました。完了をクリックするとこれで完成です。次に上にいる人物も消してみましょう。スポット修正ツールをクリックして今度は人の部分にブラシを重ねてクリックします。するとこのようにソース領域が追加されますが周りの模様と合致していない為不自然に見えます。そこで、ソース領域をこのようにドラッグして自然に、合うように調整します。調整できたら完了をクリックします。これで人も消すことができました。このスポット修正ツールは実はものを増やすこともできます。先程とは別にスポット修正ツールで人のいない部分をこのようにクリックします。ソース領域を人に重ねて合わせるとこのように人がコピーされて増えました。完了をクリックします。このようにスポット修正ツールはできるだけ小さいものを周りの綺麗な部分を使って消したり増やしたりしたい時に大変重宝します。人の肌のほくろやしみなどを消したりする時にも最適ですので利用しましょう。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。