Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

Photoshopへ書き出す際の設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lightroomの写真を、Photoshopで開いてさらに加工することができます。Photoshopで開く以外にも、他の画像編集ソフトを指定することもできます。環境設定の外部編集で設定しておきます。
講師:
02:24

字幕

Lightroom の写真を Photoshop で開いて更に加工することができます。Photoshop で開く以外にも他の画像編集ソフトを指定することもできます。環境設定の外部編集で設定をしておきます。外部編集するソフトを設定するには環境設定で行います。Mac では「Lightroom」>「環境設定」をWindows では「編集」>「環境設定」をクリックして開きます。環境設定の「外部編集」というところをクリックします。一番上に「Adobe Photoshop CC で編集」と表示されています。ここで Photoshop に書き出す際のファイル形式・カラースペース・bit 数解像度・圧縮をそれぞれ設定できますが通常は初期設定のままで構いません。パソコンに Photoshop がインストールされていればこのままで Photoshop に書き出すことができます。また、Photoshop 以外の画像編集ソフトで書き出すにはその下の「追加外部エディター」で設定します。ここに他の外部編集ソフトを指定する際には「選択」をクリックしてインストール済みの画像編集ソフトのプログラムファイルを選択します。特に無い場合はキャンセルをクリックします。 また「元画像を含むスタック」にチェックを入れておくと外部の画像編集ソフトに書き出す際に作成されるファイルをカタログにも含めることができます。画像編集ソフトの確認及び設定が終わったら環境設定画面を閉じておきます。これでいつでも指定した外部編集ソフトに写真を書き出して編集ができるので使い慣れている画像編集ソフトがあればここで設定をしておきましょう。

Lightroom5ではじめる写真の整理と現像

写真整理・現像ソフトであるLightroomを使えば、自分が見たい写真をより探しやすく、またきれいに補正することができます。このコースでは写真の読み込みからそれらを効率よく整理する方法、また写真を手軽に補正・現像するためのさまざまな優れたツールの使い方について学びます。細かい画像修正のやり方やPhotoshopとの連携のさせ方などについても解説していきます。

1時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年04月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。