Photoshopで合成を極める!

選択するツールの種類と主な機能

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ツールボックスの上部に3つのカテゴリーに分けられて収納されている、9つの選択するためのツールの特徴と使い方、およびそれぞれにどのような選択範囲を作るときに便利なのかについて解説をします。
講師:
02:30

字幕

Photoshop のツールボックスには9つの選択するためのツールが用意されています。使い方も様々なのでどれを選んでいいのか迷うところです。そこでまず、ツールボックスの上部にこれらの選択するツールが3つのカテゴリーに分けられていることに注目しましょう。ここでは、それぞれにどのような選択範囲を作るときに便利なのかについて具体的な解説をします。そもそも選択とはどのような行為なのかというと画像のある部分だけにペイントしたりリタッチをしたい時にある部分だけを囲むということです。例えば、丸く囲んでこの部分だけ色を変えたりこの写真のオレンジの部分だけを選択して明るく鮮やかにするといったことが可能になります。このように加工したい領域を囲むことによってそれ以外の部分に色がはみ出したり変形したりするのを防ぐことができます。それが選択範囲を作る理由です。どの部分を選択したいかによって選択範囲の形や大きさは様々異なります。意図した形や領域をうまく選択するための道具がツールボックスには揃っています。選択するためのツールはツールボックスの上から2番めから3,4番目までに3つのカテゴリーに複数のツールが収納されています。 一番上には長方形ツール、楕円形ツールなど一定の形で選択するツールです。その下は選択する形に沿って手動や半自動で選択していく投げ縄ツール、多角形ツール、マグネット選択ツールです。3番目は選択したい箇所を指定すると自動的に形に沿って選択してくれるクイック選択ツール自動選択ツールが収納されています。このように、これらの選択するツールを選択したい状況にあわせてうまく使うことで複雑すぎて不可能と思うような形もきれいに選択することができます。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。