Photoshopで合成を極める!

マグネット選択ツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
選択したい形の輪郭をクリックすると、自動的に境界が輪郭に吸着して、形に添った選択範囲を作れるというのがマグネット選択ツールです。色の差がはっきりしていて、凹凸のある輪郭をきれいに選択するときに便利です。
講師:
03:17

字幕

選択したい形の輪郭をクリックすると自動的に境界が輪郭に吸着して形に沿った選択範囲を作れるというのがマグネット選択ツールです。色の差がはっきりしていて凹凸のある輪郭を綺麗に選択する時に便利です。ここに、キッシュの1切れを持ち上げている写真があります。よく見ると、輪郭には細かい凹凸があり背後に同じような色が重なっていて選択しづらそうです。このような時にはマグネット選択ツールを試してみましょう。マグネット選択ツールを選びオプションバーで「新規選択」を選びます。「ぼかし」は、0 px に設定して輪郭を滑らかに選択する「アンチエイリアス」にはチェックを入れます。次に「幅」ですがこれはどの程度の幅の間で輪郭を検出するのかをピクセル数で指定します。ここでは、10 px に設定します。「コントラスト」はどの程度くっきりしている輪郭を検出するのかを数値で指定します。数値が大きいほどはっきりしたものだけを選びやすく数値が小さいほど色の差の少ないものでも選択できます。ここでは、10% に設定します。「頻度」はポイントを自動的に作成する感覚を指定します。数値が小さいほどポイントの数は少なく、大雑把になり数値が大きいほど狭い間隔でポイントを作り、緻密になります。 ここでは、70 に設定します。輪郭にポインターを重ねて、クリックします。そのまま輪郭に沿ってポインターを移動していくとこのように自動的に輪郭にポイントが吸着しながら境界線ができます。大きく角度が変わる箇所やこのように、同じような色が重なる場所はクリックをして強制的にポイントを作っていくと角に隙間がなく綺麗に選択することができます。開始点にポインターを重ねてクリック、または Enter キーを押すとこのようにキッシュの1切れの凹凸にフィットした選択範囲が出来上がります。このように、凹凸の多い形を選択したい時にはマグネット選択ツールを選びコントラストや頻度を調整することで簡単で綺麗に選択することができます。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。