Photoshopで合成を極める!

手軽に形を選択する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
輪郭の形が複雑であっても、色の差がはっきりしている場合にはクイック選択ツールを試します。その上で細かい選択範囲の過不足を、クイックマスクモードで調整していきます。
講師:
03:37

字幕

輪郭の形が複雑であっても色の差がハッキリしている場合にはクイック選択ツールを試します。そのうえで、細かい選択範囲の過不足をクイックマスクモードで調整していきます。ここに、お皿に乗った3つのマフィンの写真があります。ここから手前のマフィンだけを輪郭に沿ってきれいに選択してみましょう。まず、手軽にきれいに選択できる「クイック選択ツール」を選びます。オプションバーで、現在の「選択範囲に追加」を選びます。ブラシのサイズはここでは 50 に設定します。「自動調整」にもチェックを入れましょう。こうすることで自動的にきれいな輪郭を抽出しながら選択できます。マフィンの内側をドラッグすると、選択範囲が広がり、輪郭に吸着します。複雑な輪郭も、ゆっくりドラッグすることで比較的きれいに選択することができます。一度マウスボタンを指から放すとこのように選択されています。クイックマスクモードに切り替えてみましょう。クイックマスクモードの切り替えボタンをクリックすると、このように選択範囲以外が赤い半透明の塗りで表示されます。赤い半透明の部分をよく見ると、選択範囲に食い込んでいる部分や、選択範囲がはみ出している部分があります。 そこで「ブラシツール」を選び、通常のペイントのような操作で選択範囲の赤いマスクを調整します。ここでは、「ハード円ブラシ」を選びます。サイズは 40 に設定します。描画色と背景色を初期設定に戻します。この小さなボタンをクリックすると、描画色が黒になります。この状態で、選択範囲のはみ出している部分をドラッグします。すると、このように赤い半透明の塗りの部分が追加されました。さらに選択範囲に食い込んでいる部分は描画色と背景色を入れ替えます。描画色を白にして、食い込んだ部分をドラッグして消していきます。このように、クイックマスクモードはブラシを使って選択範囲を調整します。調整が完了しましたらクイックマスクモードの切り替えボタンをクリックして、元の状態に戻します。選択範囲もきれいにマフィンの輪郭に合っていることを確認できましたら、完了です。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。