Photoshopで合成を極める!

選択範囲の保存と再利用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
手間暇かけてきれいに作った選択範囲は、一度保存をしておくと次回に再利用ができますし、再編集することもできます。選択範囲を一時的に保存する方法と、アルファチャンネルに追加して、psd形式で保存する方法を解説します。
講師:
02:26

字幕

手間暇かけて綺麗に作った選択範囲は一度保存をしておくと次回再利用ができますし再編集することもできます。選択範囲を一時的に保存する方法とアルファチャンネルに追加してPhotoshop の PSD 形式で保存する方法を解説します。まず、選択範囲を一時的に保存しておく方法です。「チャンネル」パネルを開き「選択範囲をチャンネルとして保存」をクリックしますすると、選択範囲のアルファチャンネルがここに追加されました。また、「選択範囲」>「選択範囲を保存」を選び「名前」に識別しやすい名前を入力してOK をクリックするとこの様に、「チャンネル」パネルに追加されています。こうしておけば一度「選択範囲を解除」してもアルファチャンネルや保存したチャンネルを「チャンネルを選択範囲として読み込む」というアイコンにドラッグすることでこの様に選択範囲が復活します。また、このファイルをPhotoshop 標準のPSD 形式で保存をしておけばチャンネルの状態も保存されるのでこの画像を閉じてもまた同じ様に選択範囲を復活できます。PSD 形式で保存する際には「ファイル」>「別名で保存」を選び「フォーマット」はPhotoshop を選びます。 「アルファチャンネル」にチェックが入っていることを確認して「保存」をクリックします。この画像を一度、閉じて再び開くとこの様にアルファチャンネルが保存されています。この様に、再び同じ様な選択範囲を作るという手間を省くためにも選択範囲を保存して更には PSD 形式で保存しておくようにしましょう。

Photoshopで合成を極める!

Photoshopには必要な部分を簡単な方法できれいに選択することができるさまざまな優れたツールが用意されています。目的に適したツールの選んで使うことにより、自由にかつ的確に合成に必要な択範囲を作ることができます。このコースでは各種選択ツールの基本的な使い方から、文字やロゴなどを入れたより高度な合成方法までを解説していきます。

1時間24分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2014年02月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。